足立恒雄「フェルマーの大定理が解けた!」その2

画像
そんなことに感心している時に、2ならできるが3以上は使えないと聞かされれば、やはり興味を持ってしまう。しかもそれは300年以上も証明されていないだの、問題を提起したフェルマー自身が証明を隠していた、あるいは賞金が掛けられているなどのエピソードが満載されている。

ご多分に漏れず証明を試みたが当然に挫折した。nが3の場合を初めて攻略できたのが大数学者オイラーでしかも一部不完全であったのをやはり大数学者ガウスが補完しているのだから、ピタゴラスの定理で喜んでいる子供に手が出ないのは当たり前なのであるが。

この問題は見た目の分かりやすさが多くの数学者を引き寄せるが、結果的に多くの才能が失われている。多大の時間と労力が無駄になったのである。

さて、本の方だが足立氏の本は出来るだけワイルズの証明の内容を高校数学レベルを理解している読者に雰囲気でも分かるように解説してある。

難しいことは分からないが、フェルマーの式を満たす数があるとすると、ある関数がその数を係数とした場合、その関数が満たすべき性質を持てないという矛盾を生じるという。(その3に続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント