カスゴミ自爆

 テレビの録画再生を含めた視聴率の実態が、朝日新聞が入手した調査結果で初めて分かったとデジタル版で流れている。

 「視聴率は放送時間中に見られた数値しか公表されていないが、視聴実態をより反映した録画を含めた数値をみると、人気ドラマの中には録画再生が放送中を上回る例もあった。」というが、そんなことは以前にこの閑散ブログでも記事にした。

 こんなことを「テレビ放送が始まって2月1日で60年、視聴率調査が始まってから半世紀以上がたつが、公表数値が視聴実態と離れつつあることが浮き彫りになった。」と鬼の首をとったように朝日新聞デジタルでは報じている。

 視聴率が当てになるなら、視聴率低迷で打ち切りになったファーストガンダムがこれほどのブームを30年間以上維持できているはずはない。当時からビデオで録画したのを丹念に見返していたのである。

 今も深夜の番組などは毎週録画しておいて、時間がある時にまとめて観ている。便利なのは「>>]」ボタンである。

 CMになったら押すと、あっという間に続きが観られる…ということは一切CMは観ないで済むのである。

 これならその時間に視聴出来ても視聴しない。時間の節約だからだ。人生60万時間しかないのである。CM何ぞ見て無駄にできるか!

 それはさておき、このデータは以前から言われていたことを客観的に実証したことは評価してよいだろう。だが、これをみてスポンサーはどう思うのか?

 それは民放に広告を出しても意味が無いということである。どうせ視聴率はあてにならないし、ビデオで観られたらCM飛ばされるし、しかも景気の足を引っ張ることしか言わないし…と高い広告料を払ってロクなことは無い。

 ハッキリ言って民法には自爆ネタだとしか考えられないのでが。

 こんなデータをわざわざ出してアサピーは何が目的だったのか?「視聴率なんであてになりませんぜ。ビデオでみているんでその分を割り増しして考慮してちょ」とでも使おうとしたのかもしれない。

 やっぱりバカだ。こんな連中が盛んに政権や政府の批判をしているのである。民主党政権が出来たのも不思議ではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2013年01月31日 20:09
これにはワロタ・・・・そんなことわかることじゃないか!
今頃気が付いたとは情けない。
近頃はHDに録画しているのでなおさらです。
本間優太郎
2013年01月31日 22:34
 何度考えてもやっぱりバカです。