「河童の三平」………PTSD....

 鳥取県境港市にある水木しげるロードの着ぐるみに、「河童の三平」と「かん平」が仲間入りしたと記事があった。

画像


 「かん平」君はともかく「河童の三平」とは…まずは記事の写真を見てみると、なんとも可愛い着ぐるみで愛嬌たっぷりである。

画像


 しかし、実写版のテレビ番組「河童の三平 妖怪大作戦」を観た世代にとっての「河童の三平」のイメージ画像はこれだ!(貸し本バージョンやアニメバージョンとは全く違います、念のため)

画像


 ♪ユーラリ、ユーラリ、ユーララ ココはどこの細道じゃ、地獄ケ原と申します~クリカラクリカラ…

 とオープニングが耳から離れない、そして第一話をビデオのように鮮明に記憶している…というか、脳裏にこびりついて離れない。

 だが、記憶しているのはこの第一話だけで第二話以降は全く記憶にない。最終回の結末すら知らない。これは何を意味しているのか?

 経緯は全く記憶していないが、事実から導かれる結論はたった一つ。そう、第一話が怖すぎてギブアップしてしまったとしか考えられない。

 この記事を見て、エンディングをネットで見たが…これは、トラウマになります。怖がらせるだけ怖がらせて、最後に気味の悪い声で「夢にまで出てやるぞ!」って、限度ってもんがあるだろう!

 これは確実にPTSDになっている。記事で思い出してしまった、今晩は眠れそうにない。



河童の三平 中 貸本まんが復刻版 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
水木 しげる

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 河童の三平 中  貸本まんが復刻版 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2013年04月27日 11:49
なかなか原作とは離れた ゆるキャラですな~ おじさんとしては、どちらかというと・・・・・

シロモチくんが大好きです!!謎爆
本間優太郎
2013年04月27日 13:08
 もちろん、シロモチくんに一票!(ナンノコッチャ)
 妖怪お化けで怖がらせるのが水木路線だとしても、怖すぎて視聴者が見続けられないのでは無意味では?と思います。
 まあ、昔ならテレビ番組は「日蔭者」で諸悪の根源のように言われていたことを思えば、町興しに使われるようになっただけでも地位が上がったのでしょう。
 以前は「テレビばかり観ていたらバカになる!」と親に叱られましたが、今の政権の攻撃や中韓の代弁者のような報道を観ていると、「テレビばかり観ていたらバカになる」ということだけは変わっていないようです。
大和魂
2013年04月27日 17:50
モチ~ろん・・シロモチくんに一票~。
とお~い昔の事なので~思い出しても~浮かびませんが・・・両方とも記憶に有る~。
でも~お二人さんの様には~判らない。
だって~テレビなんて無かったもの~(笑い)
本間優太郎
2013年04月28日 21:20
 妖怪お化けモノは怖くてナンボですが、視聴者が見続けられない程怖くしてしまったら本末転倒のように思います(相手は子供だし)。