第六回やまつくオフ会~その9

 食事の後は温泉へ。ここらは太古の昔は海底だということで温泉の湯が海水のようにショッパイのが特徴です。(写真は恵那グランドホテルのHPより拝借しました。)

 とっぷりと日も暮れて温泉情緒を満喫します。

 
画像


 明るければ眼前にこういう風景が広がっているはずですが湖は真っ暗です。

画像


 真っ暗な風景の中に対岸の観覧車がライトアップされていて、「ええ雰囲気ですな~」と誰かが呟く…(写真はイメージです)

画像


 その呟きが届いたのでしょうか、その瞬間、パッとライトが消されてしまいました orz 遊園地に来そうもない無い団体へのサービスはココまで…ということでしょうか?

 さて、お風呂から帰って部屋(3+3の二部屋)でゴロリと休んでいると、隣の部屋から「でっ、でっ、出た~」と電話が…

 どうやら昼間の模型談義の際に窓を開けていたので蚊が大量に入り込んで狼藉の限りを尽くしていたようで幹事部屋にSOSが入りました。

 そうです私たちは気付くべきだったのです。ベランダにはこれが…

画像


画像


 ベランダの手すりにムシコナーズがヒッソリと置いてあったのです。こんなものが置いてあるということは、奴らが来る!というサインであり見逃していました(何故かしっかり写真は撮っていました)。

 さらにこんな警告も置いてありました。

画像


  虫のしつけが行き届かず、ご迷惑をおかけすることが、
  あるかもしれませんが、どうぞお許しくださいませ
  虫たちが出ましたら
  すぐにフロントにご連絡くださいませ。



 ということで早速のご迷惑に対してフロントに電話すると…係りの方が持ってきたのが虫除けスプレー…え~っと、これでどうしろと?

「我々は、戦うべきではなかった・・・・・・愛し合うべきだった!」

「これ以上の戦いは自殺行為です!やめてください。そして遅まきながら蚊との和平を、話し合いによる共存の道を…」


 ということでしょうか…と全員が頭をひねって悩んでいると、係りの人が「間違えました!」と殺虫剤を持って来ました。

画像


 こういう場面では狙って噴射してもダメです。隙間に隠れていたりするので満遍なく薄めに散布した方が殲滅しやすいのです。やるときはトコトンやる。中途半端な攻撃は敵に反撃の機会を与えてしまいます。

 しばらくすると蚊がボトボトと落ちてきました。

 ところで、「虫除けスプレーはどうしましょう?」とフロントに聴くと、「刺されたところに塗ったらスーッとしませんか?」………しません!

 かくして、蚊との戦いに勝利した我々は安心して模型談義を続けたのでした。

 オフ会一日目の夜は静かに暮れて行きます。

(その10へ) 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント