第六回やまつくオフ会~その11

 出発した我が「はくちょう1号(だったと思います)」は波を蹴立てて進みます。

画像


 やまつくメンバーは、

 「出航!」、「ヨーソロー」、「全速前進!」、「イヨーソロー」と大騒ぎです。確か、これまでのオフ会で船に乗ったのはこれが2回目で、それも最初は三笠でした。

 そのうちに遊覧船内に、船窓に見えてくる絶景や奇岩・巨岩の類の由来などの解説テープが流れ始めました。

 実は幹事のトコトンさんから乗船前に、「右舷側に着席するように」との指示が出ていました。これは極めて適切な指示で、解説で流れる説明の景色は右舷側に多くありました。ここまで調査をして頂いていたのかと、有難いことです。

 いくつかご紹介。

画像


画像


画像


 最後の写真は「品の字石」。3つの長方形の石が「品」という字のように見えます。

 遊覧船は、ぐるりと30分間、恵那峡の湖を回って帰って来ました。その先に見えたのはダムの上端です。

画像


 そう、この湖はダム湖でした。最大水深は30mということです。巨岩・奇岩も昔は30mも下から眺めたのでしょう。

 船着場に入る前に前日泊まった恵那グランドホテルが見えました。

画像


 下船して振り返ると、ジェットボートがエンジンを冷却中…「はくちょう1号」頑張ってくれました。

画像


 桟橋の下では、白鳥…ではなくアヒルの一団がお迎えです。

画像


 本当に楽しかった遊覧船の旅でした。そこで「はくちょう号」のジオラマなど

画像


 と、デジカメのミニチュア作成機能で悪戯です。こんな模型が作れるようになりたいものです。

 一行は降りてきた坂道を登りお土産屋さんに向かいますが、その途中で見つけたのがこれ。

画像


 分別ゴミ箱ですが、「ビン」と「カン」を入れる方に「ビンカン」とハート型の板に書いてあって、これを見て「敏感~イヤーン~ということか~」などと親父ギャグでいじくりが。

(その12へ続く)

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント