気になるプラモデル-その2

 どうも興味関心が変だと人から言われます。しかし、気になるものは気になるので、モヤモヤしたままでは次のステップに進めません。

 手元のキットを仕上げてしまいます。

画像


 一番手がかかりそうなのが打ち上げ台です。

画像


 本物と比べてみます(おいおい!?)

画像


 実物はトラス構造で「抜け」ています。普通、艦船模型ではエッチングパーツに換装してしまいますが、さすがにアマゾンを探しても銀河3号の打ち上げ台のエッチングは無いでしょう(多分…)。

 無いものはスクラッチしてしまいます。先ずは試作品です。

画像


 もう少しトラス材が細いかな…(資源不足か?)

 ということで細い材料を探します。

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年11月12日 06:35
アクセスPVさせてもらってます
(^.^)
私も、使ったことある渓谷ジオラマの橋梁にトラスユニットを使ってみました
(*^∇^*)
トラス完成品資材は建築模型コーナーで売ってます
(^o^)ノ

が、スクラッチした方が安上がりです
( ̄ー ̄)

手間はかかりますが予算は半額以下です
( ̄・・ ̄)

ちなみに

3×3×8cmで

4200円(>_<)でした
本間優太郎
2013年11月13日 15:04
 鉄道模型用のパーツは種類が豊富で使えそうなものも多そうですね。
 後はスケールの違いをうまく表現できるように工夫が必要になります。そこを考えるのも面白いところです。