安倍首相靖国神社参拝

 政権発足1年目のこの日、安倍首相が靖国神社を参拝した。実に鮮やかな「奇襲」であり、「年内の参拝はない」とタカを括っていたカスゴミや中韓を一蹴した感がある。

画像


 振り返ってみればこの1年近くの間、中韓…とりわけバ韓国の我が国に対する執拗な嫌がらせと支援をたかる乞食根性には辟易としていたところである。

 戦場売春婦に過ぎない慰安婦に対する補償や強制徴用企業に対する遡及的賠償など、既に日韓基本条約で行った賠償金の御代わりを日本にたかるため、バクリ大統領の告げ口外交に米国の地方自治体を舞台にした売春婦像の建立、挙句の果てには2020年東京オリンピック誘致の妨害のための日本産水産物の輸入禁止、旭日旗の禁止等々数え上げればきりがない。

 それもこれも我が国に植民地支配に対する贖罪意識を持たせて、危機的状況にあるバ韓国経済の立て直しや分不相応な平昌オリンピック開催への協力などを日本から引き出させようとするものである。

 さらに指摘されていることとして、嘘で塗り固めた反日教育を受けた世代が実権を握るようになったため、反日活動が引くに引けない状況に陥っているらしい。

 それもこれも、お前らの勝手な国内事情だろう!?

 放置しておけば良いものを、「隣国とは仲良くしなければならない」という根拠不明の「あるべき論」をベースにバ韓国寄りの主張を繰り返すカスゴミが騒ぎを大きくしてきたのである。

 この「隣国とは仲良くしなければならない」という大前提が崩れてしまえば、単なるゆすりたかりを国家単位で行っているバカな国でしかないことは明白である。

 また、そもそも戦争をしたわけでもないのに賠償金まで支払っている上に、そこには個人補償や北朝鮮分まで含まれているのである。

 慰安婦にせよ徴用問題にせよ、その補償を行う主体は、この基本条約に基づきバ韓国政府であることは疑う余地のない事実である。

 それが十分に分かっているが故に、訳の分からない過去の贖罪意識を心優しい日本人に持たせようとしているのであって、カスゴミが手を貸しているのである。

 以前であれば靖国参拝はバ韓国側のカードであった。しかし、元々が一国の首相が戦死した兵士を追悼することが問題とするのがそもそも間違っている。しつこく言い続けてきたため、立場が逆になってしまった。

 つまり、靖国参拝すれば怒り、憤り抗議していたのが、いつの間にか怒り、憤り抗議しなくてはならなくなってしまったのである。つまり日本側はバ韓国と距離を取りたいと思えば靖国参拝すればよいのである。

 国連を通じてバ韓国の依頼を受けてPKO部隊に弾丸を提供したにも拘わらず、批難をされるという訳の分からない事態になっている。面子を潰されたとか言っているらしい。

 支援はしてもらいたいが、お願いはしたくない。日本が支援したいなら仕方がないから受けてやろう…バカですか?

 さすがに安倍政権としても当分おつきあいはしたくないと決断したのではないだろうか?

 そういう時に便利なのが靖国カードである。これで連中も当分すり寄って来れない。

 今晩のご飯はさぞかし美味しいことであろう。

【読売新聞記事】
 韓国政府関係者は26日午前、ソウルで本紙に対し、安倍首相の靖国神社参拝について、「日韓両国の努力が水泡に帰す。安倍首相がこれまで靖国神社に行かず、うまくいっていたのに、なぜ参拝するのか分からない。日本政府の信頼と誠意が疑われる」と非難した。


 フフフフッ、効いている効いてる♪



靖国 YASUKUNI [DVD]
TOブックス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 靖国 YASUKUNI [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント