決まったぜ!Vモンキー!

 競艇というと公営ギャンブルということで、怪しげなオジサンが耳に赤鉛筆はさんで、予想屋さんから情報を買い舟券握りしめて…というイメージがある。

 これが最近はアッキーニャのCMやSGレースの地上波中継によりでイメチェンを図ろうとしているようであるが、やはり少年サンデーに連載されアニメ化された「モンキーターン」の功績は大きいのではないか?

画像


 競艇選手を目指す主人公の波多野君の競艇学校の入学から、賞金王獲得までの競艇人生を描いた漫画であるが、彼の必殺技がVモンキー・ターン(Vモンキー)である。

 競艇というやつは、ターンが命!最初のターンでほぼ8割方の勝負が決まってしまうといっても過言ではない!(競艇やっているのか?)

 そんな競艇界の常識を覆すのがモンキーターンを発展させたVモンキーである。波多野選手はVモンキーを武器に勝ちまくる!(漫画ですから…)

 このVモンキー、ボートの直進する慣性力を抑えつつクルリと向きを変えるので、その軌跡がV字になる!(漫画ですから…)

画像


画像


 こんなの出来たら無敵ではないか?ギャンブルにならんぞ…まあ、そこは漫画ですから…と思っていたら、何とこのVモンキーが現実になってしまったのである。

 それは、我が国の海上自衛隊が誇る輸送艦おおすみが可能とした!

画像


 モンキーターンではVモンキーが出ると

アナウンサー 「おおっつ、波多野のVモンキーが出たー」

ライバル    「ここでVなんて、聞いてへんぞ!」

 と大騒ぎだが、このテレ朝の解説者は平然と「おおすみ」のVモンキーを解説している…これが出来るなら日本の科学力は世界一ィィィィィィ、となるのだが。

 それにこのおおすみ、どう見ても500m以上の大空母にしか見えないのだが…

 いずれにせよ、この事故、おおすみがVモンキーを決めないと起こりえないようなのだが、そこまでしたことにしないとテレ朝を始めとしたカスゴミ的には拙いようである。





【2500円以上送料無料】フルターン 競艇界のグレートマザー日高逸子/田中耕【RCP】
オンライン書店boox
著者田中耕(著)出版社西日本新聞社発行年月2008年04月ISBN9784816707513ページ数

楽天市場 by 【2500円以上送料無料】フルターン 競艇界のグレートマザー日高逸子/田中耕【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2014年01月17日 09:04
ついに自衛隊の秘匿兵器炸裂か?と思わせるような航跡です。
たぶんおおすみの船体を貫通している大口径パイプに超伝導推進装置がついており、一瞬にして向きを変えることができるのでしょう。
旭日艦隊の日本武尊を彷彿させるターンです。
しかし、ひどすぎる嘘!!堂々放送するとは・・・・
本間優太郎
2014年01月17日 12:31
真実が判明して自衛隊に過失が無ければ後追いの報道をしないのがカスゴミのやり方です。
視聴者に「自衛隊が悪い」と印象を植え付けることができれば目的達成で、わざわざそれを修正する必要は(カスゴミ的には)全くないわけで。
こんな連中が特定秘密保護法を「都合の悪い情報隠しに使われる」と批判を続けていたとは…
カスゴミの不都合な情報隠しや情報操作が誰にとって得になっているのかを考えればラスボスが見えてきそうです。