売国奴、大漁、大漁!

 百田氏の発言で売国奴が大漁、大漁!

 今度は「俺様の党」の腰ぎんちゃく浅尾である。

 みんなの党の浅尾慶一郎幹事長は12日の記者会見で、NHK経営委員で作家の百田尚樹氏による東京都知事選の応援演説の発言を在日米大使館が批判していることについて、「発言がNHKの認識ではないと説明する責任がある。相手が納得するような形にならないなら、辞めていただくしかない」と述べた。(平成26年2月12日、産経新聞)


画像


 米国様の気に入らない発言をしたら報道機関の責任者は辞めるしかない…って、あんた本当に日本国民の税金から歳費をもらって生活している国会議員ですか?

 バ韓国にせよ支那にせよ、米国にせよ、気に入らない報道が流れてくるが、それに対して不快感を示すことはあっても、我が国の政府がその口を塞ぐような圧力をかけたことはない。

 もちろん反論はする。そうしないと認めたことになるからである。しかし、如何に不愉快ではあっても、問答無用で黙らせるような圧力はかけない。当然、彼の国であっても、表現の自由、内心の自由を認めているからだけでなく内政干渉と受け取られないからである。

 現在、我が国に対する攻撃は嘘を盛り、証拠が無いので感情に訴えるしかない、しかも国際法上は平和条約締結により一切の責任はないにも拘わらず、賠償金の御代わりを求める恥知らずな強請り集りの類である。

 それでも日本は我慢をしている。しかし、真実をしれば「冗談じゃないよ、どうして日本だけが我慢しなければならないのか!」という思いを持っても、それはそれで個人の自由であろう。

 ご丁寧に米国の手先になって百田氏に辞職を迫るとは、東京大空襲や原爆の被害者に対して顔向けがえきるのか?

 ここが日本でなければ、間違いなく国会議員を続けることはできないだろう。それは、米国であっても同じことで、例え悪いことをしたとしても自国を庇うのが他所の国である。

 米国の国会議員がネチネチとベトナム戦争やフィリピンの植民地支配、ネイティブアメリカンの虐殺を国会で取り上げて米国を責め上げたら政治生命どころか本当の生命ですら危うくなるんじゃないか?

 百田氏は持論を述べただけである。しかも、サンフランシスコ平和条約があるので、謝罪と賠償などと一言も言っていない。東京大空襲や原爆で何十万という非戦闘員の日本人が苦しみながら死んでいったのは紛れもない事実である。

 こんな国会議員は要らない、日本が嫌いなら出て行ってもらいたい。


 

みんなの党

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント