ゲッペルスの尻尾

 安倍政権の政策の進め方が「ナチスの手口」と民主党が批判している。これに同調するカスゴミが批判を強めている。この「ナチス」や「ヒトラー」を重ね合わせるやり方は、「追群売春婦」や「南京攻略」をホロコーストと印象付けることで日本へのレッテル貼りを画策するバ韓国や支那の手口に一致しており、同じことを言っている「民主党は何処の国の政党ですか?」と悩んでしまう。

 このナチスのレッテル貼りには当のドイツから両国に苦情が来ているとの情報もあり、迷惑をしているようだ。

 この状況で「アンネの日記」を棄損する事件が起きている。日本人がユダヤ人を貶めるためと思わせたいのであろうが、日本人には書物を棄損して自己主張を行う文化はないし、本を大切にするようにと厳しく躾けられている。お近くの国には焚書という文化をお持ちのようだが、日本からナチスを真似していると言い出したこともないし、ナチスを信奉しているなどと表明したことなど無いのであって、日本人が(右翼であったとしても)敢えて「アンネの日記」を攻撃することに何の意味も無いのである。

 しかもこの破り方は「プロの仕事」である。何故か?

画像


 ご覧の通り、ご丁寧にアンネ・フランクの顔写真を避けるように破っている。他の棄損された本も報道されていたがそうなっていた。つまり棄損した本が何の本であるかが報道された場合に分かるように配慮しているのである。

いずれにせよ、誰が得をするかの動機を考えることは犯人を特定する上で重要なポイントである。いずれ明らかになるであろう…ということで、ようやく本題に移ることができる。

安倍内閣の責任において憲法解釈を行うし、その最高責任者は総理大臣であると答弁したことをナチスだのヒトラーだのと民主党やカスゴミが騒いでいるが、どこがナチスなのかさっぱり分からないのである。

むしろ、ナチスそのものの手口を使って一党独裁を目指したのは民主党政権であって、その手伝いを「報道しない自由」でしたのがカスゴミだったのを、危ういところで参議院選挙により衆参のねじれが起こり野望がとん挫、政権再交代により危機が去ったというのが将来の歴史教科書に記載されるのではなかろうかと思っている。

しかし、民主党を含む野党やカスゴミがナチスだと騒いでいる安倍政権のやり方については、民主党による政権交代後の1月18日に開会した第174回国会で内閣法制局長官の答弁禁止が実施されたのであり、憲法解釈についての質問があった場合には枝野が答弁するということで法制局の答弁をさせないようにしたことで、閣僚たる枝野に時の鳩山総理は事実上の憲法解釈権を持たせたのである。

ならば当時のカスゴミはこれを「ナチスの手口」と非難しただろうか?否!これこそ選挙で選ばれた政治家による政治主導であり、官僚から憲法解釈権を取り返したと持て囃したではないか!

このこと以外にも、「鳩ミミ」なる密告機関の設置、公務員は政治活動が禁止されているにも拘わらず民主党員を非常勤公務員として各省庁に常駐させ挙動を監視させる「秘密警察」、憲法で保証された国民の陳情する権利を小沢幹事長に一本化、「事業仕分け」と称し衆議院選挙で自民党に投票した団体への予算カットによる報復等々、数え上げれば一体どちらがナチス的手法を用いたのか言うまでもない。

もしもこれらの一つでも自民党政権が行えば、直ちにカスゴミが大騒ぎを始めるに違いないのであるが、当時は「政治主導」と持て囃したのである。

カスゴミよ!民主党ならば選挙で勝てば何をやっても政治主導だったのが、自民党が主導権を発すればナチスなのか!

 おまえらこそゲッペルスに操られた報道組織そのものではないか!しかも、ナチス政権下で逆らえなかったのではなく、自主的にやっているだけに悪質度が高い。

 おまえらカスゴミこそゲッペルスの尻尾でありナチスの手先そのもである!

 それと、NHKの籾井会長!民主党やカスゴミによる言論弾圧に屈しないようがんばれ!(まさかNHKの会長にエールを送るとは…)

 国会が終わったら、民主党に目にもの見せてやれ!(本気になったNHKに瀕死状態の民主党の泡沫議員が敵うかな?)。まあ、今の内吠えておけ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント