軽巡洋艦 「鬼怒」を修理する-その7

 鬼怒の修理記事「その7」です。

 残る大物は艦橋と後部マストです。週半ばでは無理かと思いつつやってみることに。

 先ず現状です。

画像


 支柱は少し太すぎで、構造物も省略されています。木綿糸を固定していた部分も接着剤が残っていて掃除も大変そうです。と、いうことでフルスクラッチしかなさそうです。

 せっかくなので探照灯くらいは余剰のクリアパーツを奢ってみることにしました。

画像


 0.8mmの真鍮線で基部を作ります。

画像


 その他のパーツを使って構造物を付けます。「その6」に掲載した写真が参考になります。

画像


 塗装して

画像


 船体に取り付けます。

画像


画像


 残りはクレーンですが、さてどうしてものか悩んでいたところで時間切れ。

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント