軽巡洋艦 「鬼怒」を修理する-その8

 鬼怒を修理する「その8」です。

 前回製作したマストで一つ作れなかったのがクレーンです。元のパーツがこれ。

画像


 古い模型なので現在の製品と比較するだけ野暮なのですが、さすがにせっかく修理してるというのに、この部品を使う訳にはいきません。

 そこでエッチングに換装…したいのですが、手持ちの予備パーツにクレーンはありませんでした。さりとて今更買い出しに行ったり、ネットでこの修理のためだけに買うのもどうかということで、スクラッチと相成りました。

画像


 手摺パーツを適当に折り曲げて、上下の部分はプラ棒、滑車は絡車の片方を使いでっち上げました。

 塗装して取り付けます。

画像


 よくみると変なのですが、片目を瞑ります。

 これでいよいよ艦橋の製作に入ります。先ずは窓を開けて、銃座と補強材を付けます。ブルワークなど今後作り直す部分を削り落とします。

画像


画像


 ここで時間切れ。

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント