飛龍のケース到着

 TケースのWLが生産中止となり依頼製作の飛龍を入れて納めるケースの見込みが立たなくなってしまいました。

 霧島を入れているケースに入らないことはないのですが、僅かに海面プレートを短くする必要があることと、軟素材なので移動時の不安もありということなので、今回はアクリル工房さんにお願いすることにしました。

 いつもながら素早い仕事ぶりです。さっそく荷物が届きました。

画像


 丁寧な包装を解いていきます。

画像


画像


 飛龍を入れると…測ったようにぴったり収まりました!(もちろん中身の寸法を測って注文しています)模型横の手前部分のスペースにはネームプレートが入ります。

画像


 これで納入準備完了です。アクリル工房さん、いつも有難うございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

屋根裏部屋の男
2014年04月25日 17:41
本家10万アクセスおめでとうございます。
目指せ20万アクセスです(笑)

うちの大和のケースをどうしようかと思案しております。。。
何せ大型ですのでお値段もそれなりにしますから~^^;;
本間優太郎
2014年04月25日 22:44
 有難うございます。次の10万アクセスまで逝ってしまわないように頑張ります。
 神戸港の決戦のアクリルケースが○万円でした。プロなので注文すればどんな大きさも作ってくれますが、やはり値段はかかります。どこまでなら出して良いかは、その模型に込めた思いによると思います。あの大和のディテールなら気張ってみてはいかがでしょうか?