空母「飛龍」を修理する~その3(最終回)

 飛龍を修理するはその3で最終回です。

 随分と端折りましたが、今回は時間との戦いでしたのでレポートの方は手を抜いてしまいました。

 作業は、残りの小パーツを付けて空中線を張り艦載機を載せただけです。一気に海面プレートに載せて完成です。

画像


画像


画像


画像


 飛龍の97式は迷彩になっているようです。

画像


 以上。これにて飛龍の修理は完了です。天の声に何とかお答えできそうです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

天の声
2014年06月20日 10:29
ウフフ・・・現物見られるのが~とっても楽しみですッツ!
誰かさんと違って~・・・公共への展示ですので~独り満足はしません(笑い)
くれぐれも・・・そ~っと搬入しましょうね。
私が手を出すと・・・壊れそうなので~遠慮しておきます。
本間優太郎
2014年06月20日 16:38
出航準備解除します。
<(-"-)
本間優太郎
2014年06月20日 16:41
「解除」ではなく「開始」でした。

<(-"-#)
軍曹殿に一発頂きました
天の声
2014年06月21日 17:26
本日は・・ありがとうございました。
『ゼロ』バージョン零式戦闘機の製作を・・楽しみにしております。
本間優太郎
2014年06月21日 21:58
 お世話になりました。ネームプレートは近日中に郵送しますので設置ください。長門の納品日はまた相談いたします。