1/144赤城カットモデルを作る-その37

 「その37」です。

 船底部のトラス構造を作っていますが、船底部そのもののベースを切り出しておきます。1.2mmのプラ板から切り出します。

画像


 長方形ではなく、後部に向かって少し絞る形になります。

画像


 この船底部のベースを切り出す途中であることが判明しました。前回まで作っていたトラス構造のスケールが間違っていました…orz

画像


 何故こんなことになったのかは不明ですが、約1.5倍の大きさにしないとダメでした。是非も無くやり直しです。

画像


 大きくなったせいか、あるいは作業に慣れてきたせいか意外と早く作業が進みます。

画像


 黙々と作業を進めて完成です。

画像


 スケールも大丈夫です。

画像


 EverGreenのプラボウ0.4mm×1.5mmを一袋使ってしまいました。もう片面があるので二袋買っておいて正解でした。

画像


 しかし、スケールを間違えるとは痛恨の極みです。フルスクラッチなので自分でチェックするしかないとはいえ、次回からは十分に注意ないといけません。

画像


 養生が終わったら色を塗ります。

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大和魂
2014年11月25日 09:02
うちの複合機・・・メンテナンスで絶対条件を提示している。
1.100%原寸コピーが出来る事。カラーの調整が自在である事・・・の二点だ。
とことんさんの仕事程では無いが・・・一応・・寸法にはシビアに・・。
コンビニのコピー機や総合職の事務所のコピー機は縮尺倍率が異なるものが多い。
だから・・・コピーの寸法を測るのも重要~機会を信じてはいけない。
本間優太郎
2014年11月25日 14:36
今回の問題は、%刻みの設定が出来るか否かといった高レベルなことではなく、本当にどうしょうもない凡ミスが原因です。
お恥ずかしい限りです。
屋根裏部屋の男
2014年11月25日 17:11
色々とお疲れ様です(^m^)>

まあスクラッチにはつきもので、おいらなんぞは全てが現物合わせですので、何度もパーツを切りだしてやり直す事があります。

この段階で判明して良かったと言う事で、引き続き楽しみましょう~(笑)
本間優太郎
2014年11月25日 20:58
社長いらっしゃい!
資料探しも凡ミスもフルスクラッチの楽しみと思って頑張ります。
また製作記事を見に来てください。