1/144赤城カットモデルを作る-その60

 「その60」です。蒸気タービン室の作業が続きます。

 配管と操作装置の設置が必要ですが、その他にも蒸化機械があります。

画像


 この機械は「造水装置」と最近は呼ぶようで、海水から淡水を蒸気機関の熱を利用して作る機械です。画像を探しましたが、最近はイオン交換膜式が多いようですしモデルチェンジもしていて赤城の時代のものがありません。

 かろうじてあったのがこの画像です。

画像


 海水を低い気圧の部屋に入れれば低い温度の蒸気でも沸騰して真水ができるという仕掛けのようです。

 この形を6個作ります。

画像


画像


 配管がありますがとりあえず床に置いてみます。

画像


 こんな感じで蒸気タービンの排熱を有効活用して生活に必要な真水を海水から作って艦内に供給していたようです。

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント