今日見かけた変な人―その4

 野暮用でちょっぴり遠くまで出掛けたが、その帰り道のこと。目的地まで距離があったので飛行機に乗ったのだか、隣に座った兄ちゃんが変な人であった。

 ちょっとした訳もあり少し広い座席に座れたのたが、この兄ちゃん、少しでもこちらの肘が肘掛けに乗るとブツブツ独り言が始まり、遂には罵声を浴びせてくる。

「バカ野郎!」

「グズが!」

「何考えていやがる!」

いえ、最後のセリフはこちらが言いたいんですが…罵声は回りにも聞こえて異様な雰囲気に…

決してグラサンして入れ墨背負っているような危ない人ではない。大柄で小太りの二十代なのだが、目が、そう目が行っちゃっている人なのだ。

 どんな目かと聞かれても説明が難しい。敢えて例えるなら、オフ会で気になる模型を手に取って刺すように睨んでいる御老公の目を常時している、そういう目なのである。

広い席なので肘掛けは縦にも横にも幅があり隣同士で取り合いにはならないのであるが、こういう人に理屈は通じない。関わらないに限る。

 三十六計逃げるにしかず、思い切り離れて落語を聞いていたが、二度と来るなとばかり時々肘て突いてくる。腹も立つが忍の一字で耐え抜いた。

 終いには、サービスの飲み物を受けとる、座席ポケットの雑誌を取るだけでも罵声がくるようになった。肘掛けどころか、自分の視線に入る事すら許せん!!ということらしい。

 ヤレヤレだぜ…偶々広い席だからそれ以上の事態にならなかったが、普通の席だったらどうなっていたことか…、と、ここで気付いた。こんな若い兄ちゃんが、なぜビジネスに座っている、いや。座ることが出来るのか?

 思うにこの兄ちゃん、狭い普通の席に座ることが出来ないのではないか?下手をすると過去に一騒動も二騒動も起こしている可能性もある。

 年齢を考えると親が出しているんだろう。歳は兎も角、社会人として変な人が日本社会で高給をもらうのは難しかろう。まあ、面堂君のように我侭一杯に育てられた資産家の御子息様かもしれない。

 何はともあれ、危ない、危ない。空港に到着後、全速力で逃げたのは言うまでもない。

 二度とお会いしたくないものである。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大和魂
2015年06月24日 10:47
ン・・・・例えが悪いでは無いか・・・じじいは・・・一応~巷社会の経験を退陣観察だけで~48年は経験した・・一応『自称常識人』だぞ(笑い)
その辺に転がっている・・棒切れの様なガキでは・・無い・・と~思い込んでいる日本男児だナ。
 いや・・何事も無くて・・よかった。
私だったら・・襟元つかんで・・ヒト騒ぎしていたな。
優太郎さんで・相手も命拾いをしたな。
それにしても・・席を変えることはできなかったのか??
本間優太郎
2015年06月24日 11:14
満席で逃げ場は無かったです。
集中力している目には迫力がありますが、常時となるとやはり病的でしょう。程度問題です。
ところで広告が勝手に商品を選んで出てきたのですか、偶然か、それともビッグデータを解析して選んでいるのか。後者なら少し怖いですね。
大和魂
2015年06月24日 12:23
??広告??どこに??不明~??
本間優太郎
2015年06月24日 17:29
スマホではなくパソコンで見て下さい。あるいはスマホでPC版に切り替えても良いかと思います。
トコトンおじさん
2015年06月24日 17:50
害虫駆除のこと?
困った奴だな~そんなやつ珍しいけどな・・・・親の七光りで贅沢三昧なんだろう。
おじさんはじじいが後ろから臭い靴下を履いたまま足を突き出していたので、ペンでつついてやったけど・・・
ななち
2015年06月24日 20:39
エコノミーでもいい。
席、移動したいヽ(´o`;
本間優太郎
2015年06月25日 23:17
トコトンさん
 障らぬ神に祟り無しです。目が行っちゃってましたから係わって何の得もありません。
ななちさん
 そうしたかったのですが、満席でした。本当に手を出してきたら流石に航空機内の危険行為で制圧されるでしょうから、それまでは我慢です。