1/144赤城カットモデルを作る-その85

 「その85」です。今後の組み立て工程を検討した結果、中央エレベータを設置しないと次に進めないことが判明しました。前回からエレベータの製作を開始しました。

 以前に作ったエレベータの試作品を参考にして本番のエレベータを作ります。試作品は高さは適当でしたが、本番の製作のため設計図等を見直してみると2cmばかり低かったので修正しています。

画像


画像


 試作品での工夫は全て取り込んでいます。

【試作品】
画像


【本番】
画像


 フレームの接着剤の養生を待つので作業はここまでですが、高さを修正したエレベータを船体に乗せてみます。

画像


 試作品は糸巻きシャフトが出っ張っていたので定位置に置けませんでしたが、本番では勿論その点は修正していますので、ようやく定位置にエレベータを置くことができました。。

画像


 飛行甲板を載せてみます。これまでは試作品での仮置きでしたが、ようやく本番のエレベータを使っての仮置きとなります。

画像


画像


画像


画像


 エレベータが設置できれば、これを中心に格納庫や隔壁などが製作できます。

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

大和魂
2015年06月28日 08:58
先日は~お疲れ様でした。
市販のプラ板には・・やはり・・専用の接着剤が良いようですネ。
表面接着型の瞬間接着では・・やはり・・経年劣化が激しいようですね。
溶液タイプがやはり・・良いようです。
本間優太郎
2015年06月28日 15:25
綺麗に仕上げようとタミヤセメントを少なくしたのが不味かったようです。
多過ぎるとはみ出す、少ないと取れる…いつまでもやってもまだまだ極めるには至りません。