MERSのウイルス

 バ韓国で猛威を奮っている中東呼吸器症候群(MERS)だが、原因はウイルスである。

 ウイルスの種類はコロナウイルスというが、このコロナは「太陽の周りに見える自由電子の散乱光」であるが、これがどうしてウイルスの名前になっているのか?

 コロナは日食の時にこのように見えるのだが、

画像


 このウイルスを顕微鏡で見ると、

画像


 円いウイルスから放射状に突起が見える姿がコロナに似ているというのが名前の由来である。

 太陽から放射状に伸びる…そう、太陽から放射状に伸びる姿といえば、そう!

画像


 旭日旗である!

 さすが日本の神様、神罰一つを選ぶにも良いセンスをしていらっしゃる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2015年06月07日 16:57
そんな・・・・不純なものと ウイルスをいっしょしてはいけません。
でも、あながちウソとは言えないかもね。
頼む日本には持ち込まないで・・・・
本間優太郎
2015年06月07日 18:39
 本当は前の記事も含め病気ネタをいじるのは不謹慎で、不愉快に思う人もいるかな、と思っているのですが、バ韓国の対応が余りにも世界を馬鹿にしたいい加減な対応なので、怒りを抑えられないのです。この状況は日本にとっては直撃弾とも言えるもので、コントのような失敗を繰り返しており、もっと真面目にやれと思うのは、周辺国が皆感じていることだと思います。