1/144赤城カットモデルを作る-その87

 「その87」です。

 エレベータの製作中でしたが問題点が2つ

・滑車(プーリー)が滑らかに回らない(耐久性に難あり)
・錘が隠れない(隠すことまで気が回っていなかった)

 この2点を解決しないと先に進めません。

 まず滑車ですがそもそもこんな部品がないのでスクラッチしていましたが、精度は如何ともしがたいものがありました。

 そこで滑車ではなく別のモノを使って出来ないかと探し回って見つけたのがプラスティックのスペーサーです。

画像


 これを組み合わせて滑車の出来上がり。シャフトも太くしました。

画像


 錘の隠し方ですが、錘の通る側板とエレベータ床の間に目隠しになる板を入れれば良いのですが、板を入れる幅を全く考えていなかったので隙間がありません。

 そこでエレベータの幅を1cm(左右それぞれ5mmずつ)広げて目隠しが入る隙間を確保します。

画像


画像


 錘がマイクロスイッチを押せるように作った側板の隙間も広すぎるので半分の幅に。

画像


画像


 これで再度作り直しですorz

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント