1/144赤城カットモデルを作る-その94

 「その94」です。煙突付近の工作を続けます。

 前回の給気配管の点検から入ります。

画像


画像


 この上に中層格納庫の床を張りますが、忘れ物を発見。

 タミヤのエポキシパテを紐状にして5mm程度に切ります。

画像


 倉庫の荷物です。ついでに艦長用厨房にも2~3袋置いておきます。

画像


画像


画像


 これで床板を貼ることができました。続いて煙突に向う煤煙菅です。

 ボイラーからの煤煙管は煙突に向って集まって来るので煙突の根元では斜めになっていますから、断面では給気管の手前に煤煙管が付きます。

画像


画像


 この位置に篩を付けます。敵の砲弾が煤煙管伝いに艦の中心部に入らないように煤煙管に篩が付いています。ただし、資料が無いので今回の取り付け位置は適当です。

 続いて格納庫の床です。眼環を穿ちます。

画像


 ここで手元のパーツを仮組みしてみます。

画像


画像


画像


 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2015年08月10日 10:22
吸気管の継目の具合は最高ですね。
こんな感じだ~
本間優太郎
2015年08月10日 18:17
有り難うございます。何とか見れるものが出来て良かったです。
2015年08月16日 00:24
本間優太郎様

ご無沙汰していました。
しばらく見れなかったのですが、
久々に拝見させていただいた所、
ずいぶんと進んでて驚きました。

エレベーターに零戦が乗るとそのスケール感や
臨場感が増しますね!

護衛艦いずももF-35やオスプレイ、SH-60Kまで
細かく作成されていて、只々驚くばかりです。

今後も楽しみに拝見させてもらいます。
頑張ってください。
本間優太郎
2015年08月16日 07:58
ロコンディーさん、いらっしゃい!
 フルスクラッチは壁に当ってばかりで計画的に製作できず悩んでいます。たまにキットを作って気分転換にしていますが、つくづく有難いものです。

 時々見に来てくださいね。

 それではまた。