1/144赤城カットモデルを作る-その99

 「その99」です。煙突の作業が続きます。

 煤煙の排気管(内部)です。

画像


 内部の給気口です。

画像


画像


 断面部分の煤煙の排気管です。内部は熱を反射するようクロムシルバーで塗ってみましたが根拠は無しです。二重壁なのでここを更に直接煤煙が通る管が通ります。ここの隙間から僅かに内部の排気管が見えます。

画像


 ようやくこれで蓋が出来ました。

画像


 ここに煙突が乗りますが、もう少し作業が必要です。

画像


 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2015年09月03日 13:39
たぶんですが、空調や排煙ダクトは、そのまま亜鉛メッキになっていることが多いので問題ないかと思います。
外側も塗装してないこともあります。
本間優太郎
2015年09月03日 15:46
トコトンさん
情報有り難うございました。内部は銀色にしましたが、外側は佐世保色です。
この模型では作ってませんが艦首側が窓になっていて外気(潮風)に晒されています。そこで配管外側は錆止めのペンキが塗ってあると考えてみました。