1/144赤城カットモデルを作る-その109

 「その109」です。

 大物の作業は終わっていますが、ディテールの詰めに時間が掛かっています。

 艦首飛行甲板裏のトラス材です。プラモデルではエッチングパーツですが1.0mm×0.5mmのプラ板で作ります。艦尾側の分も作っておきます。

画像


画像


画像


 飛行甲板の縁に付いているポケットです。

画像


 舷窓ですが艦橋と同じく「ガラス」を入れていきます。1/700だと穴を空けたままの方がシャープで良いのですが、これくらい大きくなるとシャープ過ぎて不自然になります(写真左下部分)。引き波を作る時に使うKATOのウォーターエフェクトで窓を埋めていきます(写真右上部分)。

画像


 とにかく舷窓が多く黙々と作業を続けます。養生が終わると透明な樹脂で窓が埋まっています。

画像


 今日はココまで。



 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント