クネクネの顔面にクリーンヒット!

 ネット上では評判の悪い記事であるが、安倍総理が慰安婦問題の解決に三億で手を打ったというもの。

画像


3億円の“示談金”で慰安婦問題解決か 韓国側に苦しい事情
 大の安倍嫌いで知られ、「慰安婦問題の解決がなければ会わない」と強気で首脳会談を拒否してきた朴槿恵大統領と、「慰安婦問題は解決済み。“ゴールポスト”は動かさない」と公言してきた安倍晋三首相の初の首脳会談が11月2日に行なわれた。当然、慰安婦問題をめぐって両者一歩も引かぬ攻防戦が展開されるだろうと、両国の国民が固唾を呑んで見守っていた。
 ところが、土壇場で「まさか」の事態が起きた。朴大統領の方から、水面下で慰安婦問題解決の“示談金”ダンピングに応じる構えを示してきたのだ。
                                (中略)
 日経は〈浮上しているのは予算規模を1億円台に乗せ、支援メニューを拡大する案だ。政府高官は2日「検討する」と認めた〉と書き、韓国側では〈3億円以上〉(東亜日報)という報道も出ている(菅義偉官房長官は会見で「そうした事実は全くない」と否定)。
 慰安婦問題について「補償は日韓基本条約で解決済み」と主張してきた安倍首相にすれば、一見、譲歩のように見える。
 だが、政府の人道支援は国家賠償ではない。現在、存命している韓国政府登録の元慰安婦は47人。人道支援の予算が日経のいう1億円なら1人約200万円、韓国側が挙げる3億円としてもたかだか1人約600万円になる計算だ。
 安倍首相にすれば“あれほど騒いでいたのに、ホントにたった3億円でいいの?”と眉に唾をつけたいのではないか。…
(NEWSポストセブン 2015年11月9日 07時00分 (2015年11月9日 07時33分 更新)


 本当か嘘かは真偽の程は不明であるが、ネットの評判とは逆にこの記事はクネクネの顔面をクリーンヒットした一撃ではないかと思っている。日本は後頭部を殴る(後ろから攻撃する)ような卑怯な真似はしない。

 既に強制性については朝日新聞が捏造と認め、識者には単なる戦場売春婦であったことは周知の事実であるばかりでなく、ベトナムでの住民虐殺や女性への暴行、朝鮮戦争での米軍慰安婦(こっちは本当の強制)すら明るみに出てくる状況を読めずに、世界各国に告げ口外交を重ね、国内では挺身協なる極右団体が騒ぎ、バ韓国民も日本からどんな反省と謝罪と賠償が得られるのかと期待をさせてしまったため、引くに引けない状況を自分で作ってしまったのはクネクネ自身である。

 ここを打開するには日本側に取り敢えず責任を認めさせる一方で金額については世界に誇る一等国である大韓民国として海よりも深い寛容の精神を見せて譲歩したことにし、日本に支援をさせてやるという状況を作り出そうとしたのであろう。

 紅の傭兵…もとい、河野洋平による官房長官談話と全く同じ罠である。朝日新聞の記事に怒り狂っているバ韓国民を宥めるために、取り敢えず日本が謝ってくれれば納まるので、と騙されて談話を出したらその後の集りのネタに使われ続けている。

 目の前の三億円は額は小さいので日本側も飲むだろうとダンピングしてこの場は納めておいて、後々、日本は責任を認めたではないか!その証拠に条約で出せないと言っていたのに国費から三億出した!ということにしようとしたのだと考えざるを得ないのである。

 この点、安倍総理もバカではない。三億で手を打つとクネクネ側(バ韓国側)から言い出した条件だとリークしたのである。

 これまでは、日本側から何をして欲しいのか?と問いかけても、「それは日本側で考えろ!」と言われ続けてきた。

画像


 やり口はやくざや暴力団と同じである。いくらで納得するかを言ってしまえば、それ以上は集れない。こちら側でこれぐらいなら…と出させておけば、「これじゃ足りない」と言い続けることが出来るのである。

 同様に日本がこれまで謝罪や賠償金(日韓基本条約)をいくら続けても、それは日本側からのものであったため、「足りない、足りない!」と言われ続けてきたのだが、今回はバ韓国側から三億円ということを先にリークしたのである。

 人道的に出すも良し、日韓基本条約でその程度の金額は賠償済みと突っぱねるも良しである。肝心なことは上限三億円でカタの付く問題だとバ韓国が認識していることを公にできたことである。

 それ以上にクネクネにとって痛いのは、国内の反日勢力に無能の烙印を押されたことだろう。あくまでも「誠意を見せろ!日本側で考えて案を出せ!」と言い続けていれば無限に集れたネタをたった三億円で放棄してしまったのである。

 「人道的に出すも良し」と言ったが、出しても受け取らない、いや受け取れないことは明白であろう。ここまで苦労して手に入れた対日カードを放棄するに等しいからである。

 いずれにせよ、「いわゆる従軍慰安婦」問題はこれを期に急速に消失していくではなかろうか。日本に集り続けていた案件が急速にブーメラン化しそうな気配がベトナムやバ韓国内で起こりつつある。

 さらに米国にも飛び火しそうな気配もある。それはそれで行方を見てみたいとも思うのだが。散々と日本を悪者にして正義の味方面をしていたサンフランシスコ市の連中に自分たちの祖父や父親である米軍が朝鮮半島でモンキーハウスの利用をしていたことへの反省と謝罪のお手本を示してもらいたいのである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント