京大入試、時計使用を全面禁止…なのに、どうして?

 今日の読売新聞の記事だが、

画像


京大入試、時計使用を全面禁止…カンニング防止
 京都大は10日、来年2月に行う入試(2次試験)で、受験生が自分の時計を使用することを全面的に禁止すると発表した。
 通信機能や計算機能がある腕時計型の「ウェアラブル端末」の普及が進んでおり、カンニングの防止が狙い。京大によると、こうしたルールを定めるのは国立大で初めてという。
 発表では、試験当日は受験生が入室する際、着用していた腕時計などを自身のかばんに入れるよう求める。試験中には、会場となる約120教室の壁などに約200個の電波時計を設置し、受験生の要望があれば、時計の位置を動かす。すでに11月の特色入試から先行実施しているが、混乱はなかったという。
 大学入試センターによると、センター試験でも今年から腕時計型端末の使用を禁止したが、時計そのものの使用は禁止していない。(平成27年12月10日、読売新聞)


 京都大学の入試などには全くお呼びではない立場なのだが、気になったのはこのページの右下に表示されている広告である。

 ブログや新聞記事では、ロボットが記事の内容を分析して読者が感心を持っている(可能性がある)広告を選別して表示をする。

 このロボットは中々に賢い分析をするようで、皆さんのPC画面に今どんな広告が表示されているかは不明だが、自分のPCにはこんな広告が表示されてる(「恐るべきスーパーロボットだ!」とキリヤマ隊長のように唸ってしまう)。

画像


 だが今回の読売新聞の記事の内容で、この広告では明らかに分析ミスであろう。

画像


 買っても使えなくなったという記事なのに、「手にするのは、今」じゃないと思うのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

屋根裏部屋の男
2015年12月11日 22:58
技術の進歩は進みウェアラブルデバイスが一般的な商品と成りつつある現在ですからね~!
その内、メガネやコンタクトレンズも禁止になるんじゃない?!w
賛否両論あると思うのですが、大学の入試制度と言うか、その選考方法を学力考査だけでなく様々な方法に見直す時期なのではないかとも思いますね!
なぁ~んてまじめなコメントをしてみる(笑)
本間優太郎
2015年12月12日 13:51
眼鏡取られたら全く見えましぇ~ん!
入試の選抜方法は悩ましいことではありますが、結局は競争なので万人が納得する方法と言うのは多分無いのではないでしょうか。
少なくとも公平であることは必要でしょうね(真面目モード)