「いずも」つくる-”怒りの”おまけ15

 今回の記事は、「おまけ」の頭に”怒りの”と付いています。そうです、怒っているのです。

 DeAGOさんとのお付き合いは大和以来で、赤城からサンダーバート2号と懲りもせずにシリーズを続けているので、チョットやそっとのことでは、広~い太平洋のような穏やかな心で笑って許してきました。

 週刊誌が隔週に、そして月刊になっても、全員プレゼントのTシャツのミスがあっても、「まあ、DeAGOさんだから…」と悟りを開いたような諦めの境地に辿り着いていたつもりでしたが…でも、今回のミスは無いでしょう?

 全国から怒りのメールや電話が届いているのではと、老婆心ながら心配をしているのです(もちろん、心配しているのは被害者の読者さんのことです)。

 先ずは16号に明らかな段取りのミスがあります。CIWSの台座を取り付ける前にライフネットのパンチ…もといエッチングパーツは取り付けるべきです。

IMG_20210517_222408_692.jpg

IMG_20210517_222422_932.jpg

 まあ、この程度の段取りミスは簡単に見抜けますので、勝手にライフネットを先に取り付けます。問題はモーター・ユニットの取り付けです。

 今回の説明写真です。

IMG_20210518_004006_540.jpg

 この通りにするとモーター・ユニットの下を光ファイバーが通るので固定できなくなります。念のため、この干渉する光ファイバーを取り付ける第6号の説明写真です。

IMG_20210518_003825_137.jpg

 間違いありません。モーター・ユニットの下を通るように光ファイバーを這わせるようになっています。これでは取り付けできないので、一旦、この2本の光ファイバーを外して中央から外寄りのルートへ迂回するように修正します。

IMG_20210518_002332_797.jpg

 そのまま迂回させ元のファイバーを元の穴に入れようとすると長さが足らないのですが、ファイバーと穴を入れ替えると届いきました。ラッキーとしか考えられません。

 実は、最初は中央寄りのルートで迂回させようとして無理に引っ張ってファイバーが穴から外れてしまいましたし、長さも足りません。くれぐれも迂回ルートはモーターの外寄りでご検討ください。

 他にも今回は地雷がありましたが、取り敢えず対戦車地雷並みの大型地雷があったので、ご紹介しました。

 動画はCIWSとLEDの両方を同時にテストしたものです。



 それと16号の歯車パーツが間違っているように思いますが、こちらの詳細は製作記事でご紹介します。

 まあ、天祐神助により地雷を回避して無事に復旧出来ましたが、DeAGOさんもやってくれたものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント