【補足3】「いずも」を作るー”疑惑の”おまけ18

 CIWSのモーターユニットと光ファイバーの干渉についてDeAGOサービスセンターの担当さんから回答があった。一部ミスを認める内容なので、そのうちにアナウンスでもあるかと待っていたが、音沙汰なしなのでブログに掲載することとした。

 公平を期すため、ハンドルネームと担当者の名前を伏せる以外は、メールの本文をそのまま引用している。

ー引用始まりー

本間優太郎 様

デアゴスティーニ・ジャパン お客様サポートセンター〇〇でございます。この度はご多用中、パーツ代替品お受け取りのご連絡ありがとうございました。

『護衛艦いずもをつくる』16号組立ての件で、本間様への返信が遅くなり、誠に失礼いたしました。

CIWSのモーター筐体下の光ファイバーを通すための隙間ですが、モーター本体の真下に関しましては、ご指摘の通り、甲板と密着するため隙間はありません。2.5㎜の隙間が生じるのは、筐体のうちスクリューギアが収納されている部分の下になります。

モーター本体部分の真下に光ファイバーを通すと、筐体が浮き上がってしまうので、本誌169の写真でドライバーを当てているモーター筐体固定ネジは最後まで締まりません。

問題の光ファイバーの通り道は、本誌169の写真でドライバーを当てている甲板中心側の筐体固定ネジ2か所の脇を通してから、スクリューギア下部の隙間を潜らせるというようになります。

本誌16号の組立て後の写真が、甲板左側から撮影したものしかなく、甲板中央側の配線位置が分かりづらかったかと思います。今後、こういった箇所の配線位置をもっと見え易くするよう努めてまいります。

ご多用中、大変恐縮ではありますが、上記の配線位置についてご確認いただけますと幸いでございます。

ー引用終わりー

 以上である。

 何となくCIWSの回りが悪いとか、ネジが締まらないという製作者の方は、一度、モーターの下にファイバーが干渉していないかチェックされては如何であろう。

 老婆心ながらお勧めする次第である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント