籾井発言を国会で徹底審議せよ

 NHKの籾井勝人(もみいかつと)新会長が、慰安婦問題に関連して

・戦争地域では(「戦場と性」の問題は)どこにでもあった
・韓国への補償はすべて日韓条約で解決している。

 と述べたことについて問題となっているが、一体何が問題なのかさっぱり理解できない。

画像


 しかもNHK会長としてではなく個人の考えと述べているにも関わらずである。例によって朝日新聞の記者が発言を引き出し、毎日新聞と組んで言葉狩りのご注進と拡散を図っているという構図はそのままである。

 これに同調して民主党の泣き虫海江田などが国会で取り上げると息巻いているらしいが、それよりも先に安愚楽の件を説明してもらいたい。

画像


 この問題については思うところが2つある。先ず朝日新聞記者への最初の対応であるが、籾井会長はジャーナリストの同業者として、その場で朝日新聞の考えを聞くべきであった。

 「従軍慰安婦」などと誤報ではなく意図的な捏造記事をバラまいて国際問題化させた朝日新聞の考え方をその場で引き出して、やり込めても良かったように思う。

 「従軍」などという我が国の官憲が主体となって慰安婦を使っていた事実も証拠もないのだから、それを見せろと言えば良いのだし、河野談話があると言えば、「その裏を取っているのか?政府の発表を朝日は鵜呑みにするのか?」と聞けばいい。

 補償についても日韓基本条約に対する籾井会長の認識は正しいのであって、どこをどうすれば補償になるのかを問うべきであった。

 いずれにせよ、会長自身は個人の考えと述べているのであり憲法の保障する内心の自由を朝日新聞は犯すのですか?と畳みかけてやれば良いのである。

 最後に、朝日は真実に基づいて報道するのではなく、イデオロギーに基づいて報道するのか?と締めくくれば完璧であった。

 次に思うことは、ごミンスが国会で追及するというならやってみればいいということである。

 当然に、事実をありのままに述べたことを問題とするのがおかしいのであるから、籾井会長をただす前に先ずは事実関係を整理しておくべきであろう。

 先にも述べたとおり、被害者と称する連中の証言と称するもの以外は一次資料もなけれ事実関係すらコロコロと変わっている証言を国会の場で確認するとともに、河野洋平と朝日新聞の証人喚問も併せて行うべきであろう。

 これまでは報道の自由を守るために朝日新聞を国会に呼ぶことは左派議員が反対していたようだが、NHKの会長(ジャーナリスト)を追及するというなら丁度良いではないか、是非とも一緒に朝日の社長も呼んで白黒をつけてもらいたい。

 慰安婦の話は、もういい加減にしてほしい。巷でこそこそではなく、国会でやろうとミンスが言い出したのを機会に、国会というオープンな場で徹底的に白黒つけてもらいたいものである。

"籾井発言を国会で徹底審議せよ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント