平成26年やまつくオフ会レポート-その7(最終回)

 オフ会レポートも「その7」となりました。

 夕方から降り始めた雨は深夜まで勢いが衰えず、このまま降り続くと幹線道路が通行止めになり秘境グンマーから脱出できなくなるのでは、との不安が会員の胸を過ぎります。

 心配しつつも夜が明けると雨もやみ上々の天気となりました。取り敢えず幹線道路の封鎖は回避されました。

 皆の心配は帰り道もそうですが、コテージから自動車までの模型の運搬です。昨晩のような雨が降り続いていたら模型の運搬は相当に困難な作業になっていました。

 先ずは管理事務所からお借りした展示テーブルを返却します…がっ、その先に怪しげな一団が姿を現しました。

画像


 この人達、コテージの庭先に置いてある機関車の写真を撮り始めました。調査員も訝しげに眺めています。

画像


 「誰なの?」

 「デアゴの企画『D51を作る』を通じて集まった鉄道模型を作る愛好会『D51を作る』、略して『でごつく』の方々だ」

 「本当?」

 「ウソ!」

 こんな会話を交わしながら改めて機関車を見ると背景の山をバックにいい感じです。

画像


 さて、撤収準備も完了し各自自動車に乗り込み解散場所へ出発です。解散場所は横川駅前の釜飯屋「おぎのや」です。前日、水戸のご老公との待ち合わせに間違えて行った方のお店です。

画像


 ここで皆さんお家へのおみやげ物を手に入れます。

 「毎回何かお土産を買って帰るのは疚しい事があるのでは…」と疑っていた調査員でしたが、やはり現地のおみやげ物を買って帰るのは人情というものだと理解できたようです。

 お土産に昨日食べ損ねた釜飯と群馬のお土産品を買って帰りました。

画像


画像


 この釜飯の入れ物ですが「おぎのや」のHPでご飯や炊き込みご飯の作り方が載っていました。是非ご活用ください。

 いよいよ解散となりました。楽しいオフ会で名残も尽きないのですが、この先、遠距離運転が残っている会員もいますのでお別れとなります。

 やまつくオフ会の調査を終えた調査員も皆にお別れを告げました。来年は調査も無いので参加しませんが、楽しい会が続くようにとのことです。

画像


 そして、やまつくオフ会も怪しげな集まりではなく「艦船模型の愛好家が集う健全な親睦会」との報告が調査員から親戚会議になされ、我が家も一件落着となりました。

 来年の予定はまだ未定ですが、私が幹事となり静岡方面ではどうかというところまでは話がありました。

 それでは平成26年のオフ会レポートはココまで。また来年お会いしましょう。




"平成26年やまつくオフ会レポート-その7(最終回)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント