円安について


カスゴミが盛んに円安で値上げだと反アベノミクス感情を煽っている。

総選挙に向けて野党への姑息な援護射撃のつもりなのだろう。

円高だと輸入品が安く、円安だと高くなるのは当然で殊更煽り立てるのに邪悪なものを感じる。

輸出産業だけが儲かって後は損ばかりと選挙前に有権者を焚き付けて批判票を入れさせようというなら、日本人もよくよくカスゴミにナメられたものだ。

輸入品が安いから国産品が競争に負けて困っているんじゃないのか?

輸入品は一回代金を払えば国富が外国に流出してしまう。国産品なら国富が日本人から日本人に巡り潤うのである。

しかも品質の良い国産品が戻って来るのである。

消費者は生産者でもあることを考えれば、為替相場で国内産業が競争力を失っては、いくら輸入品が安くても良いことが何も無いことは自明である。

自国通貨高で地獄を見たのが民主党政権下の日本であり、現在進行形で見ているのが韓国である。

物価が上がれば賃上げ圧力も上がる。賃上げするから物価が上がるのではない。因果関係から物価上昇が賃上げに先行するのは不可避なのであって、このプロセス無しにはデフレ退治は出来ない。

批判するならお花畑でない具体的対案を出すべきであろう。

民主党は自分達は間違えていなかったと反省せずアベノミクスを批判し反対している。次世代の党以外もアベノミクスに反対なので円安より円高を選ぶということだ。

最後は有権者が決める。

"円安について" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント