次世代の党への比例票の集計に疑惑あり

 負けに意外の負けなし…とは書いたが、こんな記事が飛び込んできた。

次世代票を共産票に誤集計 京都・伏見区
 京都市伏見区の選挙管理委員会が、衆議院選挙の比例代表で「次世代の党」に投じられた1500票を、「共産党」の票として誤って集計していたことが分かりました。
選挙管理委員会はいったん、開票作業を終えていましたが、京都府の選挙管理委員会から指摘を受け、集計をやり直したということです。
 京都市の伏見区選挙管理委員会は衆議院選挙の比例代表で「次世代の党」の票を381票と集計し、京都市選挙管理委員会に報告しました。これに対し、京都府の選挙管理委員会から「極端に少ないのではないか」という指摘が寄せられ、区の選挙管理委員会は開票作業を終えていたものの、職員や立会人などを再び集めて午前5時すぎから票の確認を行いました。
 その結果、「次世代の党」に投じられた500票の束3つ、合わせて1500票が、誤って「共産党」の票として集計されていたことが分かり、集計し直した結果を改めて報告しました。
 伏見区選挙管理委員会によりますと、集計ミスの原因は次世代の党と共産党の票の集計を同じ職員が担当していたため、混同したとみられるということで、内山修書記長は「多くの方々に迷惑をかけ申し訳ない」と話しています。
(NHK、12月15日 12時37分)


画像


 「多くの方々に迷惑をかけ申し訳ない」で、済む話か、ゴルア!

 …ではない。(管理職も含め三重チェックで判子押しているのだから「ミス」などと在り得ないのだが…)

 さっそく比較検証可能な東京12区で調べてみたりした。ココの小選挙区には公明、次世代、共産、生活しか立っていないので、小選挙区の票と比例の票の流れが比較しやすいのである。


(※詳細分析はこちら http://yhonma.world.coocan.jp/ )

 先ずは小選挙区。

太田 あきひろ 60,399
池内 さおり 33,810
田母神 としお 30,116
青木 愛 29,885
合計   154,210

画像


http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/emergency/1138/113892.htm

次に比例。

自由民主党 46,667
新党改革 406
次世代の党 9,340
民主党 18,497
公明党 23,898
社会民主党 3,523
維新の党 18,353
幸福実現党 458
生活の党 8,131
日本共産党 28,616
合計 157,889

画像


http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/emergency/1138/113893.htm

 (ココからは分かりにくいので結論だけ先に読んでも構いません)

 自民と公明が選挙協力しているので太田氏の60,399票が比例の自民と公明の合計46,667+23,898=70,565票のはずで10,166票多い。公明票は鉄板なので自民で比例に投票した10,166人については小選挙区の太田氏以外の誰かに投票した有権者のものと考えられる。

 池内氏の小選挙区の票については共産党の比例票に5,194票上積みした数になっているが、出所としては主張が似ている社民の比例票3,523票が流れ込んでいる可能性が高い。残りの1,671票程度は民主党の極左支持者の比例票から来たものと考えるしかない。池内氏については社民、民主以外の党の支持者の票が流れる可能性は殆ど無いだろう。いずれにせよ不自然な点はない。

 青木氏の29,885票であるが、比例の生活+維新+民主=44,981なので、15,096票多いことになる。池内氏に流れたと考えられる民主党極左の比例票を除いた数は13,425票である。生活は全て青木氏に投票したはずであるから、維新と民主で比例に投票した13,425人については小選挙区の青木氏以外に投票したと考えられるが、白票も在り得るので、ここでは仮の数字としておき別途に考察した。

 さてここで次世代の田母神氏であるが、小選挙区で30,116票なのだが次世代の比例票が9,340票で、その差は20,776票になる。

 また、比例合計と小選挙区合計の差が3,679あるが幸福の比例票458票は小選挙区の票にはならない。新党改革の406票も同じようなものとすれば2,815票が比例単独の票(小選挙区は白票)ということになる。、

 自民と民主、維新は候補者を立てていないので比例だけ投票したという可能性があり、それが2,815票に相当すると考えられる。なお、ここでは自民には白票が無かったと一応仮定することにする。

 青木氏の以外に投票した民主と維新の仮の支持者数とした13,425票のうち、白票と考えられる2,815を除くと10,610票となる。この数は白票の仮定からこのような有権者の最小数ということになる。

 ココまで読んで何が何だか分からなくなってきそうなので結論を整理すると

【結論】

 ○田母神氏に投票したが次世代に投票しなかった人が20,776人いる。

 ○太田氏に投票しなかった自民党支持者(自民比例)が最大で10,166人いる。

 ○青木氏に投票しなかった民主、維新の支持者(民主、維新比例)が少なくとも10,610人いる。

(※池内氏の得票数は共産党票と社民、民主の一部から票が流れてきているとして説明可能である。) 

 ここで当然ながら 10,166+10,610=20,776 である。

 えっつ、チョット待った~!!!!

 田母神氏に小選挙区で投票し比例票を自民に入れた有権者が10,166人は何とか理解できる。

 だが、だがである、次世代の党の田母神氏に小選挙区で投票しながら比例票を民主党や維新の党に入れた有権者が10,610人いることを信じろというのか?500票の束なら21個か…

 仮定として自民の比例に白票が無かったと仮定しているので、自民の白票が増えたとすると益々この不自然な数が10,610から増えるのである。

 この結論を信じる、信じないは読者にお任せするが、やっぱり変じゃないのか?

 一票の格差で騒ぐ弁護士がいるが、これは一票を盗まれたのかもしれないという民主主義の根幹に関わる疑念である。

 真相を解明していただかないと安心して選挙できない大問題である。



"次世代の党への比例票の集計に疑惑あり" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント