今日見かけた変な人―その7

 満員の地下鉄で見かけたおじさん。

 ドアの近くの席に座っているのだが、大また開きで前方に足を投げ出している。もちろん電車は足の踏み場も無いほどの満員状態である。

画像

                     「乗れば俺が法律」

 ハッキリ言って大迷惑なのだが、電車が走っている時は何とか皆さん避けているのだが、駅に着いて満員の大勢の乗客が乗り降りするとそうもいかない。

 どうしても前方に投げ出した足に当る人が出てくる。そうすると…

 「何しやがるんだ!この野郎!」

 と大声で怒鳴りつけると同時に当った(もう「当てさせている」状態なのだが)客の足を蹴りつける。

 日本は紳士淑女の国だと思うが、蹴られたお客さん腹に据えかねているとは思うが無視している。これはもう最大限の好意だろう。

 そのうちブツブツと文句を言いながら降りていったが、その場の乗客が思っていたことは、

 「何しやがるんだ!この野郎!

 そして

 「二度と乗るな!」

 そう、二度とお会いしたくないものである。

"今日見かけた変な人―その7" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント