「いずも」を作る~No.6

 DeAGOの「いずもを作る」の6号です。

 DSC05021.jpg

 毎度のことですが、号が進むにつれて部品がショボくなります。

DSC05023.jpg

 先ずはメタルの船体の組み立てです。ネジ止めでメタルパーツを組み立てます。リベットでパーツを組み上げた戦前の職工さんの気分が、21世紀にも味わえるDeAGOの配慮かも?

 何度か記事に書きましたが、部品の精度が高くても誤差は必ずありますので、硬くて変形しない金属パーツを毎回キツキツに固定すると、後の部品がズレたり、嵌らなくなってしまう恐れがあります。

 これを防ぐには、新しく取り付ける周辺のネジを作業前に少し緩めておいてパーツが動けるようにしておきます。

 ところで、6号の組み立ての説明には「船体に隙間ができてしまう場合は、一度ネジを緩めて隙間をなくしてから再度ねじを締めましょう」と解説がありますが、どこのネジを緩めるのかが分からないので読者は困ると思いますが、DeAGOさん、いかがでしょう?

DSC05025.jpg

 新しいパーツも緩めにネジで固定し、その後、部品間の隙間が少なくなるように各ネジを少しずつ調整しながら締めていきます。

DSC05028.jpg

 今回は光ファイバーの取り付けです。光ファーバーは思ったよりも固く、折ってしまうと光がそこで止まってしまうので注意が必要です。解説では書いていませんが、どのファイバーをどの穴に通すかは、面倒ですが一本ずつ試しながら最適な選択をしないと、無理に取りまわし折ってしまうことになりかねません。

 解説では2か所を同時に取り付けしていますが、一か所ずつ丁寧に作業をするのが無難です。

DSC05031.jpg

DSC05036.jpg

 電池ボックスを繋いでテスト点灯します。

DSC05035.jpg

 6号終了です。

 

"「いずも」を作る~No.6" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント