テーマ:赤城カットモデル

1/144赤城カットモデルを作る-その59

 「その59」です。先週は金剛の製作で一回休みでした。蒸気タービンの設置を進めます。  タービン本体の円筒部分は大小2種類作ります。高圧タービン、低圧タービンの2つです。フルスクラッチではこの手の曲面の製作が手間を取ります。  タービンの前後部分の円錐状の形はガンプラ用のバーニヤパーツを使います。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その58

 「その58」です。艦底の後部にある蒸気タービンや蒸化機械(造水装置)の工作です。  先の記事にも載せましたが目指すのはこの状態です。  タービンは艦底の床ではなく一段高い床に設置されています。  先ずは金属メッシュで床面を作ります。  平日なのでタービンの工作は週末になりますが、大体のイ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その57

 「その57」です。今回は少し考える回です。  船体外部の付属物を取り付けたので内部の工作に入ります。先ずは以前に作ったボイラーを設置しました。  ここで考えます。ボイラーは前方の断面での艦底部に配置しましたが、後部の断面で艦底部はどうなるか?  …ということで唯一の資料を見てみると、この辺りには蒸気タ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その56

 間が空きましたが「その56」です。舷側の構造物を付けます。  配水管をプラ板で作ります。  実はジャッキステーをどう作るか悩んでいて、どうにも考えがまとまらず先に進めなくなっていました。水戸のご老公の「ネジネジ団子虫」も考えましたが上手く出来る自信が無く別の方法を検討していました。  そこで1/350赤城のジ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その55

 「その55」です。  艦底色の養生後に舷窓を空けます。  空けた穴(舷窓)の上に庇を付け、その他の部品は舷外電路とモンキーラッタルまでは付けて佐世保色で塗装します。  エナメル塗料でウォッシングします。  今日はココまで。

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その54

 「その54」です。船体の外側の処理が続きます。  テプラを貼った上から500番のサフを吹きます。テプラだとツルツル過ぎるので、500番サフで表面がざらついて丁度良い感じになりました。  ビルジキールを付けます。  艦底色を塗装します。上部は佐世保色ですが重ね塗りするので少し広めに塗って…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その54

 「その54」です。  船体の削りが大体終わりました。  1/250と同様に外板表現を加えます。  テプラを貼ります。  黙々と貼ります。  終了  この上からサフ、艦底色、佐世保色で塗装は終了です。それが終わってから断面の工作に入れます。  今日…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その53

 赤城カットモデルを作るの、えっつと…「その53」でした。ようやく再開です。  バルジ側面の外板を貼っているところで中断していました。さっさと貼ってしまいます。  ボイラー室と蒸気タービン室の隔壁、バルジ上部の船体の側面を付けます。  バルジ側面にパテを塗ってサンドします(大和や赤城と同じです)…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その52

 「その52」です。バルジの側面のplankingをと思っていましたが、ふと気付くとボイラーの床面がポッコリ膨れ上がっています。  0.5mmのプラ板ですが、膨れた部分を押すと何やらガスが溜まっています。直しておくなら今のうち、と外してしまいます。  裏を見ると…  一面に塗ったクリアボンドが中心部だけ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その51

 「その51」です。船体の床面が出来たのでバルジを上方に伸ばします。  ご老公から頂いた断面図からバルジの補強材の形をプラ板に写して貼り付けます。これだけでは強度的に弱いので補強材の補強(何のコッチャ!)を目立たないように付けてあります。  見える部分は軽め穴などのディテールを付けますが、見えない部分は思い切…

続きを読むread more

1/700Fujimi赤城を何時作る?

 密林から荷物が届きました。  届いたのは、  「今更、赤城?」と、調査員から疑問が投げかけられます。  実は現在製作中の1/144赤城カットモデルの形状で不明な部分があり、その参考資料です。  完成品はあるのですが、分解して形状を確かめる訳にも行かずということでキットの購入となりました。  必要な…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その50

 「その50」です。ヤーロー式ボイラーの製作が続いています。  燃焼ギミックを残りの2罐にも付けます。  準備完了です。  いよいよ火入れです。  メラメラ動画はこちら  さて、そろそろ船体を上方に伸ばしていきますが、この辺りから資料が不足しているので…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その49

 「その49」です。  水戸のご老公からヤーロー式ボイラーの資料を沢山頂きました。タービンの資料もありましたので大変参考になります。有難うございました。  さてボイラーですが、メラメラが残っています。  右端のボイラー内に先の記事で紹介したキャンドルICとLED、光ファイバーを仕込みます。  エレベータや…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その48

 「その48」です。ボイラーの2,3号機の製作が続きます。  プラ材の骨格の養生が終わったので、側面や正面の部品を取り付けます。考えながら作った1号機と違って作業が分かっているだけ早く進みます。  1-3号機が出来たところで錆びとススをウェザリングします。  船体に乗せてみます。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その47

 「その47」です。ボイラーの製作が続いています。  試作品は高さが低いので資料を精査して描き直しです。大体の人の背の高さを写真から見比べて決定しました。上部の円筒正面にはバルブ類が後で付きます。  粘土ではなくプラ材で骨格を作ります。曲面には厚手の紙を張り、小物を付けます。  水戸の御老公から…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その46

 「その46」です。注文して待っていた物が届きました。  それは、メラメラの…  …実、エースの力はこの俺が!……じゃなくてメラメラのICです。  メラメラのICというよりはキャンドルIC(CDT3460-02)といいまして、発光ダイオードをロウソクの様にメラメラと点滅させる回路を簡単に作ってし…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その45

 「その45」です。  ボイラーの試作が続きます。色を塗って置いてみました。試作なのでディテールは全く手付かずで大きさの検証です。  「もう少し背が高いんじゃないか?」  「そうですか~?」  ということでもう一度描き起こしのやり直しorz  今日はココまで。

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その44

 「その44」です。前回は人型を置いて誤魔化したので少しだけ進んでみました。  ボイラーの図面らしきものを描き起こしてみました。これで試作品を作ってみます。  材料はプラ板ですが、曲面が多いのでココに何か適当な材料はないかと探してみると、ポストにこんなものが…  朝ピーの7日間無料試読の広告ハガキです。…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その43

 「その43」です。と、言っても今週末は全く手がついていません。  ボイラーの設置について作戦を立てています。資料が少ないので大きな間違いをしないように先ずは「相場感」を身に付けます。  少ない資料の一つはDeAGO「大和を作る」の37号の写真です。  次に「歴史群像」の付録の赤城解剖図でボイラー部分です。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その42

 「その42」です。突貫工事の遅れを取り戻すべく平日にも少しずつ作業を進めます。  機関室の床と側面を付けます。船体の作業で始めて佐世保色を使いました。ココにはヤーロー式ボイラーを3基並べて置くことになります。  床も側面も塗料が乾かないのでパーツを取り敢えず置いただけです。冬場は塗料の乾燥が悪く困っ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その41

 「その41」です。  バルジの隔壁を塗装し船体に接着します。  船底部はヤスリがけで大まかに形を作っています。もう少し上部まで組み上げてから仕上げに入ります。  モックアップと現在の状態を比較して見ます。時間はともかく、ここまでは何とか予定通りです。  今日はココまで。

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その40

 その40です。しばらく更新できませんでしたが少しずつ進めていきます。  バルジの隔壁を作ります。  壁面には補強材の骨格を付けますが、取り敢えず仮置きしてみます。  この辺りから塗装の作業を考えないと塗れなくなりそうです。  今日はココまで。

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その39

 「その39」です。  外板貼りを続けます。この辺りはデアゴ赤城や大和の外板貼りと同じ作業です。ただ内部を見せるカットモデルなので幾分丁寧に作業をしています。  バルジ内部の補強材に沿って外板を貼っていきます。ここらがバルジの構造物の境界になりますので取りあえずここで一旦外板貼りを止めます。  カット面の製作作…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その38

 「その38」です。平日ですがトラス材を見ていると早く着色してみたくなりました。  つや消し黒にシルバーを少し混ぜて塗ります。  実際はどうか不明ですがタミヤのウェザリングマスターでアカサビを散らします。  船体ベースも少し船体側面にプラボウを積んでみます。  先々はここに…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その37

 「その37」です。  船底部のトラス構造を作っていますが、船底部そのもののベースを切り出しておきます。1.2mmのプラ板から切り出します。  長方形ではなく、後部に向かって少し絞る形になります。  この船底部のベースを切り出す途中であることが判明しました。前回まで作っていたトラス構造のスケールが間違っ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その36

 「その36」です。何かと忙しく平日の作業が出来ないので最近は週末だけの作業です。  船体の組み立ての内、断面の底部の試作が出来たので本作業に着手しました。プラ材で断面の構造材を組み立てます。  ここでEver Greenのプラ材が切れてしまい作業が中断です。先日の補給の際に買うのを忘れていました。出来上がる…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その35

 「その35」です。  ようやく船体に手を着けることにしました。亀の歩みでも進むことが大切です。  まずはいつもの試作品から作ってみます…、ということでプラ板を切り出します。  穴を開けます  大和魂サンに貰った赤城断面図(1/144に拡大)を参考に断面のブロックを作っています。適当に補強用のバー…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その34

 「その34」です。補給の記事続きます。  待っていたパーツが来ました。先ずはこれ。  99式艦上爆撃機です。半完成品で彩色まで済んでいるキットです。もちろん、赤城飛行隊の一機です。  これで、赤城三羽烏の零式艦上戦闘機、97式艦上攻撃機、99式艦上爆撃機が1/144で勢揃いです。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その33

 「その33」です。今回は「作業」ではなく「補給」です。  材料や消耗品が底を尽きかけていたので作業が止まっていました。補給をと考えていたのですがバタバタしていたのでつい先延ばししていましたが、今日は気分転換を兼ね意を決して(そこまで大事か?)秋葉原へ。  予め買い物リストを作って素早く買い物を終了です。  中…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その32

 「その32」です。平日が忙しく作業が週末に集中しています。平日の疲れが週末に出るのでしょうか、風邪を引いてしまい先に進めません…orz  何とか船体に着手したいのですが、無理ということで零式艦上戦闘機だけでも仕上げておくことにしました。  風防の枠を塗ります。先週マスキングして養生していたパーツに灰白色を塗ります。マスキン…

続きを読むread more