テーマ:赤城

1/144赤城カットモデルを作る-その89

 「その89」です。煙突回りを作るために工程を整理したところ、エレベータを設置しないと前に進めないことが判明したため、そちらの製作に入りました。  試作品しか出来ていなかったエレベータですがようやく実機ができました。塗装を忘れていたり、錘などの目隠しをしたりと試作品で忘れていた課題もようやく整理がつきました。  出来上がった…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その88

 「その88」です。エレベータで止まっていました。先にも記事に書いたように滑車(プーリー)と塗装、モーターや錘の目隠しの問題です。  先ずは錘の目隠しです。左右の幅を少し広くして目隠し板の隙間を作りました。  モーターとギアボックスの目隠しです。  塗装はご覧のように可能な部分は予め塗っ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その87

 「その87」です。  エレベータの製作中でしたが問題点が2つ ・滑車(プーリー)が滑らかに回らない(耐久性に難あり) ・錘が隠れない(隠すことまで気が回っていなかった)  この2点を解決しないと先に進めません。  まず滑車ですがそもそもこんな部品がないのでスクラッチしていましたが、精度は如何ともしがたいものが…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その86

 「その86」です。エレベータの製作が続きます。  フレームの養生が終わったのでワイヤー(ビーズ糸)の取り回しをします。  錘の上限、下限センサーのマイクロスイッチ、コントロールスイッチを取り付けです。  後々狭い船体内での取り回しを考えて配線はこの段階でコネクタ化しておきます。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その85

 「その85」です。今後の組み立て工程を検討した結果、中央エレベータを設置しないと次に進めないことが判明しました。前回からエレベータの製作を開始しました。  以前に作ったエレベータの試作品を参考にして本番のエレベータを作ります。試作品は高さは適当でしたが、本番の製作のため設計図等を見直してみると2cmばかり低かったので修正していま…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その84

 「その84」です。フルスクラッチなので作成の進行管理が全く出来ません。一歩一歩手探りで進んでいる状況です。  赤城の模型については、以前に購入したF-toys艦これVol.1の赤城1/2000で、作ったスケールは1/250、1/350、1/700、そして現在製作中の1/150と併せて5隻になります。  最大の1/150と最…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その83

 「その83」です。出来上がった煙突を眺めながら今後の作業をここらで落ち着いて考えてみます。  さて、出来上がったパーツを寄せ集めて組み立ての手順を考えます。  こうやって見ると、中央エレベータが決まらないことには周辺の工作が出来ないことが分かります。  宿題にな…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その82

 「その82」です。煙突の完成が見えてきました。  ジャッキステーを貼り終えてしまいます。  梯子とモンキーラッタルを付けます。  佐世保色とつや消し黒を塗ります。  ウォッシングとウエザリングです。  これで煙突の完成です。途中の酷い状況ではではトコ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その81

 「その81」です。煙突の製作が続きます。  水戸のご老公から送った資料を良く見るように言われています。ジッと見ていると見えてきました。赤城の煙突といえば海水による煤煙の冷却装置です。  分かりにくいので赤線で  煙突の基部から実線と破線でパイプの存在が示されています。実線部分は煙突の外部から見える部分…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その80

 「その80」です。  平日なので大きな作業にはなりません。煙突の形が出来たのでジャッキステーを考えます。  赤城の煙突のジャッキステーは、船体に着けたジャッキステーよりも一回り大きくするのが模型界の常識のようです。  船体と方法は同じですが、船体に着けたときよりも少し高くしてみました。非常用ハッチのジャッキステーで試…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その79

 「その79」です。プラ材での煙突製作が続きます。1/700赤城の煙突を参考にしながら、水戸のご老公からの図面や1/350赤城の彩色図も横目で睨んで形にします。  土台になる形が出来たので、パテを盛ってヤスリで削って成型します。  製作中の船体に乗せてみます。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その78

 「その78」です。煙突周辺の作業が続きます。  この周辺の構造を鋭いヤマカンと妄想により大胆かついい加減に推測した結果に基づいて製作します。  先ずは大物からということで煙突そのものから作ります。とはいってもスクラッチビルドですので赤城の複雑怪奇な煙突をどうやって作るかと悩みどころです。幸いカット部分なので全体を作る必要は…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その77

 「その77」です。今回も「何が何だか分からない回」になります。  煙路と給気路の悩みが続いています。前回の共同給気路は頂いた資料の何処をみてもそれらしい構造は無いのでやはり拙いということで別の道を探ります。  材料は水戸のご老公から頂いた設計図です。  これに煙路(赤)と給気路(黄)を色分けした図です。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その76~「何を言っているのか分からねぇと思うが…」

 「その76」です。今回の記事は申し訳ありませんが読んでいるとポルナレフ状態になりそうな内容です。 「何を言ってるのか わからねーと思うが. おれも何をされたのかわからなかった…」  ボイラーからの煙路とボイラー室への給気路が煙突のところで並んでいて、このままでは煙突の中で両方が開口してしまいそうで(実際はそんなこと…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その75

 「その75」です。  製作開始時点でも赤城のカットモデルでは煙突を難所として考えていたのですが、やはり相当に手ごわいようです。  L字管やT字管は技術的な問題ですが、煙突については資料が無く困っています。  手元の資料は以前に水戸のご老公から送って頂いた設計図と、  雑誌の付録です。  そ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その74

 「その74」です。平日なので色々と考える日です。  何を考えているのかというと、先週作った換気用の配管が通るスペースです。  ここに配管を通すのですが、どうやって作ればいいのかを悩んでいます。キットなら配管用のプラ管があるのでしょうが、直線部分はともかく最低でもL字管とT字管が必要になります。  どうやって作…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その73

 「その73」です。ひで社長とトコトンさんから頂いたアイデアを形にします。  試作品のように水面にクリアブルーを塗りウォーターエフェクトでさざ波を作ります。  表面が出来上がったところで船体に装着です。蒸気管と海水管の二本を取り付けます。  上に提督用厨房を付けると殆ど隠れてしま…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その72

 さてぇ~!「その72」です  前回の記事にひで社長から、またまたアイデアをいただきました~。浴槽の水面にさざ波をつけてはどうかということで、早速試してみました。  ちなみに今使ってる水面グッズはこれです。  浴槽に使っているのは、リアリスティックウォーターとウォーターエフェクトの二つです。リアリスティックウォ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その71

 「その71」です。三連投は久しぶり…というか、あったかな?細かいことは別として、浴槽について色々とアドバイスを頂いています。有難うございました。  やっぱりオフ会では温泉重視ということですかねぇ?…そうです、模型でした。  最初はひで社長からお湯がお湯らしく見えないので着色しては?とのご助言です。確かにお湯らしく見えません…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その70

 「その70」です。  平日ですがトコトンさんからの指摘事項を早急に修正します。頂いた資料はこれ(筆跡は明朝体で直しました)。  海水を張った浴槽に蒸気を流し込んで湯を沸かす器具が付いているとのご指摘です。  実は浴槽については先の資料写真で気になっている点がありました。  浴槽の上部の縁が外側に…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その69

 「その69」です。  乗組員は、戦争をしているばかりではなく艦内は生活の場でもあります。  先ずは前回途中で終わった分隊長室です。  上の階層に移ります。例によって唯一の資料で構造物を確認します。  右舷は艦長用厨房です。  接着はしていませんが船体に仮置きです。  …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その68

 「その68」です。  浴槽の樹脂が固まりました。兵員用浴室を作ります。資料は「戦艦大和を作る5」からです。  浴槽にスノコ、腰掛、蛇口、棚を付けます。洗面器はホーロー引きで白色にしました。  船体に取り付けます。  今日はココまで。

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その67

 「その67」です。  ボイラー側(艦首側)の上の階層を作っていきます。先ずは構造物を確認です。例によって資料はこれだけですので、構造物は全て妄想で作っています。  右舷側に診療室、左舷側に分隊長室、そして排煙管、給気管のスペースに仕切りがあります。  仕切板を付けます。  診療所です。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その66

 「その66」です。  ボイラーからの排煙を煙突につなぐ排煙ダクトを作ります。  手持ちの資料では大まかな位置関係しか分かりません。下の階の構造物から太い管が排煙、細い管が外気が通るものと考えられます。  ボイラーが3つ並んだ位置なので太い管3本をボイラーにつなぎます。ところで大和のカットモデルを見ると、ボイラ…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その65

 「その65」です。連休中に少しでも前に進みたいのですが、中々そうも行きません。  前回までは蒸気タービン室側の各階の工作を続けてきましたが、艦載機格納庫の直下まで出来たので、ボイラー室側の作業に移ります。  その前に艦底部からギミック用のコードを取り入れる孔を空けておきます。この段階で空けておかないと先に延ばせばせっかく作…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その64

 「その64」です。艦載機格納庫直下の階を製作中です。  部屋の隔壁を取り付けます。  兵員室と准士官寝室の小物を仕上げます。  大部屋は非常用携帯発電機の格納庫です。  大正時代の発電機の画像がありました。  この画像を参考に作ります。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その63

 「その63」です。更にもう一つ上の階を作ります。  唯一の資料では非常用発動機(発電機)の格納庫になっています。奥には通風口がありますが壁(曲面)で隠れています。左右にはそれぞれ下士官用ベッドルームと食堂があるようです。  格納庫の壁面を作ります。この上が艦載機の格納庫ですので補強材は(妄想で)大きめにしてあります…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その62

 「その62」です。  蒸気タービン室の上の階層です。唯一の資料によればここは送風機があります。  外部からボイラーの燃焼などに必要な空気を艦内(特に船底部)に送り込む機械です。こちらも探してみましたが当時の送風機の資料がありません。  ネットで船舶用の送風機の画像を検索して使えそうなものを妄想で選びます。 …

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その61

 「その61」です。  蒸気タービンのある機関室ですが資料が全くといって良いほど入手できません。しかし、ここで足踏みしていては全く先に進めないので「妄想」を広げて強引に形にします。  見る人が見れば間違いや変なことが満載と思いますが、いつまでも手に入らない資料を待っているわけにはいきません。  前回の造水装置の配管を(…

続きを読むread more

1/144赤城カットモデルを作る-その60

 「その60」です。蒸気タービン室の作業が続きます。  配管と操作装置の設置が必要ですが、その他にも蒸化機械があります。  この機械は「造水装置」と最近は呼ぶようで、海水から淡水を蒸気機関の熱を利用して作る機械です。画像を探しましたが、最近はイオン交換膜式が多いようですしモデルチェンジもしていて赤城の時代のものがあり…

続きを読むread more