「いずも」を作る~No.22,23,24,25,26

 月刊いずもをつくるの22から26です。7月は5号分の製作です。  何やら紙が…  もう諦めてますから…他にこんな宣伝が。  こんなの入れている暇があれば、早くしろよ!と思うのは私だけ?パーツは5号分の五個です。  しょぼいパーツだけです。皆の心を代弁します…  「20号でアンカーの巻き上げ来るじゃなかったのか…

続きを読むread more

【補足3】「いずも」を作るー”疑惑の”おまけ18

 CIWSのモーターユニットと光ファイバーの干渉についてDeAGOサービスセンターの担当さんから回答があった。一部ミスを認める内容なので、そのうちにアナウンスでもあるかと待っていたが、音沙汰なしなのでブログに掲載することとした。  公平を期すため、ハンドルネームと担当者の名前を伏せる以外は、メールの本文をそのまま引用している。 ー引…

続きを読むread more

「いずも」を作るー”怒りの”おまけ19

 しょぼいパーツが続いている週刊(事実上、月刊)「いずもを作る」ですが、20号までに艦首の錨の巻き上げ機構まで出来るんじゃなかったの!?、とか、22号もヘリが一機だけなの!?、とか怒りの要素が満載の配本が続きます。  毎度のことですが、デアゴさんとのお付き合いも、初代大和を作るから、模型界のガンダーラ・赤城を作る、サンダーバード二号と…

続きを読むread more

「いずも」を作る~No.18,19,20,21

 事実上、月刊となった「いずもを作る」ですが、日曜日に4週分をまとめて送ってきました。このブログでは、1号ずつの製作記事を続けてきましたが、さすがに後でご紹介するようにパーツ数がしょぼすぎて記事を分けるのもどうかと気恥ずかしくなり、今回は1つにまとめての掲載としました。  今回もエコボックスでパーツと雑誌だけの送付になります。 …

続きを読むread more

【補足2】「いずも」を作るー”疑惑の”おまけ18

 CIWSの騒動(…と思っているのは自分だけでDeAGOさんはそうは思っていない…多分)についての補足第二弾です。  今日、送って来たのがこれ。  お手紙が…  「今後、このようなことが起きませんよう…」はいはい、今度から気を付けて下さいね。早速、送って来た正しいギアを確認です。  確かに切れ込みが入っています。念の…

続きを読むread more

【補足】「いずも」を作るー”疑惑の”おまけ18

 おまけ18の補足である。デアゴさんからの回答で気になる点があった。以下の内容である。 「お客様サポートセンターにて組み立てた実物を確認しましたところ、16号モーターおよびCIWSのギアは、いずれも甲板裏面から4mmほど浮いた位置に取り付けられているので」  お分かりであろうか?「間違えて組み立てているのでは?」という問いに対して、…

続きを読むread more

「いずも」を作るー”疑惑の”おまけ18

 先に、怒りのおまけ記事で紹介した大小の地雷について、デアゴスティーニ・ジャパンのサービスセンターとのやり取りがあった。出来る限り正確を期すため個人情報はマスキングしてあるが、その他はそのままメールの内容をコピペしてある。  スタートは、デアゴスティーニ・ジャパンの「いずも」のHPにある問合せフォームから問い合わせをして、内容確認の返…

続きを読むread more

「いずも」を作る~おまけ17

 今回のおまけ記事はF35Bの改装です。  ヘリは電動化の余地がありましたが、F35Bには改装の余地が見当たりません。実は以前から気になっていたのがキャノピーです。ブラックで塗装してあるだけで物足りなさを感じていました。  そこで今回は、ここをディテールアップしてみようと思いましたが、そのためにはキャノピーの透明パーツが必要…

続きを読むread more

「いずも」を作る~おまけ16

 おまけ記事の16は、オスプレイの回転翼の電動化です。  3号のオスプレイを見ていると、やはり回してみたくなります。ですが問題はモーターの仕込みです。  Amazonで入手可能な一番小さなモーター(振動用の錘がカシメていないもの)でもエンジン部分に入らないのです。プラパーツの壁の厚さがあるので入りません。  そ…

続きを読むread more

「いずも」を作る~No.17

 配布の4号目になる17号です。  右船体の部品です。  毎度のことながら、少しネジを緩めて新しいパーツをお迎えです。  今回のパーツを組みます。ネジ締めは対角線で少しずつ締めましょう。  終了…  今のところ隙間はそれほど目立ちませんが、最後までには…

続きを読むread more

「いずも」を作る~No.16

 対戦車地雷の炸裂は”怒りの”おまけ15に書きましたので、淡々と組み立てログを書きます。  パーツはこれだけですが地雷は甲板の裏側に埋まっています。  こういうカラクリものは指示通りに作るのが無難です。  ただ、動く部分にはグリスを塗っておくと面倒がありません。以前に赤城のエレベータを作るのに買…

続きを読むread more

「いずも」を作る~No.15

 ブログの記事は各号単位なので、どんなにショボい回でも記事を分けます。今回は15号です。  ライフネットとCIWSの組み立てです。  パンチ…もといエッチングのライフネットのパーツですが、CIWSの土台を付けたら、壊さないように作業がややこしくなるので先に取り付けてしまいます。 …

続きを読むread more

「いずも」を作る~No.14

 月に一回の配布なので「月刊」を名乗るべきなのに、なぜか週刊のままです。ようやく5月分の配本が来ました。  エコだとか屁理屈を言ってますが、書店で買った方が早く着くのでは?と思いつつ箱を開けると  何々、全員プレゼントのTシャツにミスがあって…担当さん、気にしないで、これで貴方も立派なDeAGOジャパ…

続きを読むread more

「いずも」つくる-”怒りの”おまけ15

 今回の記事は、「おまけ」の頭に”怒りの”と付いています。そうです、怒っているのです。  DeAGOさんとのお付き合いは大和以来で、赤城からサンダーバート2号と懲りもせずにシリーズを続けているので、チョットやそっとのことでは、広~い太平洋のような穏やかな心で笑って許してきました。  週刊誌が隔週に、そして月刊になっても、全員…

続きを読むread more

DDHいずもの製作記事で賞を頂きました

 英国のDeAGOSTINIが主催してるフォーラムに投稿をしていましたが、2021年5月のハイライトされたビルドとして賞をいただきました。  何となく赤城に抗議をした一件以来、日本のDeAGOさんには敷居が高くなってしまったので、こちらのフォーラム掲示板に投稿をしていますが、模型を作って英語の勉強にもなると一石二鳥でやって…

続きを読むread more

「いずも」を作る~おまけ14

 おまけ記事の14です。  コロナ禍でステイホーム・アゲインの毎日で、今年は曜日のめぐりが良いゴールデンウィークもすることが無い…つまり、(先に断っておきますが、決して悪い意味で言っているのではありません)家籠り需要の企業には商機と言える状況になっています。  損をするところもあれば、儲かるところもある、このこと自体は「商道…

続きを読むread more

「いずも」を作る~おまけ13

 この模型の「売り」の一つは、フルハルモデルの船体がダイキャスト製で重量感があるところだと思います。  以前の大和や赤城では同じスケールで似たような大きさでしたが、木材のパーツを貼り合わせ、形を削り出して船体を作りましたが、手間が掛かるのと、作業場所が木とサーフェイサー(サフ)の粉だらけになるのと、船体の塗装で溶剤の臭いがこもるの…

続きを読むread more

「いずも」を作る~おまけ12

 いずもを作るのおまけ記事です。  13号の記事が意味深で終わってしまいましたが、製作を止めるということではありません。今回の梱包にこんな紙が入ってました。  何々…  ということで、前の記事に書いたように「週刊」は13号で終了し、14号からは「月刊」となります。  最初から分かってはいましたが、…

続きを読むread more