フィギヤとジオラマ再び(忘れ物1)

 フィギヤは全部作ってしまったと思っていましたが、鋭い指摘が家族からありました。

指摘その1:主人公は自分で運転するのか?
指摘その2:屈強な男が運転するのか?
指摘その3:「その1」の箱絵には5体のフィギヤが描かれているがまだ4体しか見ていない。

 一々もっともな内容です。

 もちろん主人公は運転しませんし、屈強な男の仕事は運転ではありません。ジベタリアンも被災犬も無関係です。

 箱絵には確かに5体のフィギヤが描いてあり、確認するともう一体分確かに部品がありました。

 そこで一体追加で作ります。

画像


 運転席に座った姿のフィギヤです。名前は「やる夫」君です。仕事に燃える男、やる夫君は命を掛けてこの仕事に臨んでいます。

 その意気込みが伝わるようにポーズを作ります。

画像


 実際に車に乗せてみます。やる気満々のポーズが決まります。

画像


 彼は感情表現が苦手で、本当はやる気満々なのですが態度として伝わってこない損な人なのです。

 許してやって下さい。

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント