許し難い商売

 職業に貴賤無しというが、これだけは如何なものかと思うのがサラ金である。

 全てのサラ金ではなくメガバンク系のサラ金である。

 何故か?

 ギャンブルや贅沢のため借金をするのは本人のことなので勝手にすればよい。

 しかし事業の継続や生活資金のつなぎでやむを得ずする借金というものがある。

 こういう時のために銀行がある。そして銀行がお金を貸しやすい(=市場に資金を回す)ように日銀が銀行に貸す資金の金利(公定歩合)はずっとゼロになっている。

 公定歩合と銀行の金利の差が銀行の利益になる(預貯金の金利も今は只同然)。この差が確保できれば銀行の利益は確保できる。

 したがって、公定歩合が下がれば貸し出し金利も下がり借りやすくなるので企業も個人も利息の負担が軽くなるはずである。

 理屈ではそうなる。銀行は貸し出し金利を相手のリスクを調査して上下させるか融資を断るのだが、そこが各銀行の能力であるし競争である。

 しかし銀行は許し難い暴挙に出た。

 サラ金に資金を貸し出したのである。

 本来、公定歩合の恩恵を受けられるはずが、銀行から借りられずサラ金から借りねばならない。

 本来、貸さないと利益にならない銀行はサラ金に貸し出ししっかり利益は確保している。

 ここまででも十分に怒り心頭なのだが、最近はサラ金の旨味(借り主の血肉)に目を付けてサラ金を子会社化までする始末。

 こんなバカなことは無い!!

 デフレ対策と云うなら、日銀と取引のある銀行がサラ金の金主になることは全ての抜け穴を含め禁止すべきで、違反には無期懲役に財産没収位の強い態度で望むべきてあろう。

 勿論、借りる側の教育も必要だ。

 学校の図書館から共産党の手先のゲン君に退場願い、代わりにカウカウファイナンスの怖~いウシジマ君を置いておく。

 一回読んだら借金するのが怖くなるぞ~。これぞ社会勉強!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント