公共の公園は、外国の政治的な戦いの場ではありません

公共の公園は、外国の政治的な戦いの場ではありません

 とうとうこんな見出しが米国の新聞に掲載されるに至った。

 もちろん、「慰安婦」なる戦時売春婦に係る米国におけるバ韓国のプロパガンダに対する批判記事である。

 歴史的に見れば単なる戦時売春婦、日韓基本条約によれば完全に解決積みの個人補償の問題である。

 心優しい日本は戦争もしていないのに賠償金を払い、また道義的に基金創設までしておきながら、あろうことか「泣く子は余分にもらえる」とばかりにバ韓国が二回目のお代わりを要求しているのである。

 さすがにこれでは世間が許さない。「解決済み」と断固拒否の姿勢を示したら、何の関係もない米国に「慰安婦の少女像」なるものを作り我が国への嫌がらせを始めた。

 韓国系の住民が多い地域ではロビー活動や献金により、立てられてしまったところもある。外国人に参政権を渡すと言うことはこういう結果になるということを肝に銘じておかなければならない。

 しかし、自分たちのご先祖様が売春婦をやっていたということを記念碑までつくるかね?

 考えられるのは、

1.反日教育で骨の髄まで強制連行という嘘が染みついている(さすが、嘘も百回言うと本当になる国だ)
2.金になるならご先祖様の名誉などどうでもいい

 こんなところだろう。

 とにかく、米国に立てるというのが、いかにもバ韓国らしい。日本が言うことを聞かなくなったら、上に言いつけに行く。まさに、支那の冊封体制下で支那の威を借りて「小中華」と威張っていた感覚から21世紀になっても抜け出せていないようである。

 だが、こんな運動をしつこく繰り返されては全く関係ない米国は迷惑千万、献金を受けている議員はともかく、「これ何?(What's this?)」と公園を散歩中に子供に聞かれた親御さんも説明に困るであろう。

 事実、カリフォルニア州のブエナ・ビスタ市議会が慰安婦碑の建立案を撤回したほか、ニューヨーク市が慰安婦建立案と慰安婦追悼ロードの命名プロジェクトを中断、ニュージャージー州フォートリーでは自治体と推進団体の間で対立が起きるなど相次いで問題が発生したりしているのである。

 そんな状況で出されたのが今回の新聞記事である。

画像


http://www.dailycamera.com/digital-first-media/ci_23906649/comfort-women-parks-japan-korea

 内容の一部を訳して抜粋してくれた方がいるので引用すると、

 「アメリカの公文書によると、第二次世界大戦中の尋問によって、それらの事実は明確になっています。尋問は1944年、8月20日~9月10日に行われました。「慰安婦」とは、日本軍の兵士のために協力した「売春婦」、「プロの追い軍売春婦」以外の何者でもありませんもし、韓国人たちが「包括的な女性の権利」を求めているのならば、日本に対して悪意ある中傷を行わないことです。韓国人たちは売春問題に関して韓国国内の悲惨な状況についてどのように説明することができますか?まずは自分の国のことに注意を払いなさい!」

 このように、ネットではおなじみの米陸軍の売春婦尋問報告書の内容も米国で広がり始め、慰安婦が単なる朝鮮人売春婦であったことが認知され始めているのである。

 反日ストーカー・バ韓国の意図とは別に火柱が上がり始めてる。

 このような真実が明らかとなっていくと、この少女像はバ韓国の売春婦文化の象徴として恥多き朝鮮民族の証しになるのではないか?

 そうなったらそうなったで、今度はバ韓国を貶めるために日本人が立てたニダ!とか騒ぐんだろうなきっと…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2013年09月07日 15:54
情けない人々です。
オリンピックの招致妨害もマスゴミのみなさんの強力タッグで成功?させようと必死でございます。成功したあとは、身の破滅が待っていることも知らないで・・・・サルより学習能力が無いようで。
本間優太郎
2013年09月08日 13:45
 18年の平昌冬季大会への支援・協力を日本は一切しない、それで全て解決です。