気になるプラモデル-その3

 トラス材が太すぎるので0.5mmの真鍮線にしてみました。

画像


 何となくしっくりきません。

画像


 元の模型と高さを比べてみるといつの間にか短く作っていました。一階一階組み上げる時の誤差が大きかったようです。

 この際、しっかりと本物を確認します(…どこから持って来るんだ?)

画像


 ということで今度は丁寧に高さを調節し、真鍮線を0.3mmにして作り直しました。クレーンも余ったエッチングから流用します。

画像


 各階の構造物も写真を参考にでっち上げています。抜けた感じも出来ました。

画像


 次は整備用のアームを作ります。

 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年11月12日 06:31
PV観覧させていただきます
私も、真鍮使います


コスト的に考えて半額以下のDIY針金を使ってます

(=^_^=)
本間優太郎
2013年11月13日 15:08
 量的にあまり使わないので多少値は張っても真鍮線は重宝しています。究極に細い工作が必要なところにはDIY線も時々使っています。