プレジャーボート「とびうお」を作る

 「作る」シリーズ番外編です。ここ数日間ネットを賑わせている瀬戸内海での事件で輸送艦に衝突したプレジャーボート・「とびうお」の1/700ウォーターラインモデルです。

 漁船にせよ釣り船にせよ「仕事」の船ならば漁協や自治体に登録が必要ですが、それを受けていない以上は只のプレジャーボートです。それをあたかも「仕事」をしていたような報道や、そして事故には利害関係が発生した双方の当事者がいるはずなのに、一方の側だけの主張を垂れ流すカスゴミには公平公正など微塵も感じられず、自衛隊させ叩ければ何でもありという意図が見え見えです。

 あまりに一方的なカスゴミの自衛隊叩きですが、それはそれとして、GPSのデーター等が次第に明らかになりつつあり、どうもこのプレジャーボート「とびうお」は、ずっとを「おおすみ」の後を追っていたようです。

 生存者の証言なるものも二転三転し、どうも不自然に感じてしまいます。カスゴミが予断を持って自衛隊を叩く報道をしているのですから、ここらの弱小閑散ブログで予断を持って記事を載せても何らの問題も無いでしょう。

 何か怪しいものをこの事件に感じます。特に、「おおすみ」はオスプレイも搭載可能になる改装を受けに行くところだったということもあり、このような事態となったことを喜んでいるのは誰かと疑いは更に深まります…と、いうことで唐突ですが「とびうお」を作ることにしました。資料はネットから拾ってきました。

画像


 ベースは1/700ウォーターラインに入っている余りパーツです。とびうおの全長は7.8mらしいので、1cm程度の短艇を使います。

画像


 船首の形が違うのでプラ板で修正します。

画像


 資料に基づいてプラ材で作った船室を載せます。

画像


 余ったエッチングパーツで幌や手すりを付けてサフを吹きます。

画像


 つや消し白、艦艇色、窓(ブラック)、手すり(シルバー)を塗って出来上がり。

画像


 ウォーターラインなので水面シートに載せてみました。

画像


 やっぱり「とびうお」だけでは寂しい…ということで、タミヤの輸送艦「おおすみ」発注しました。

 不謹慎と後ろ指を差されるのを覚悟で、次に作るものが決まりました。

 番外編はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント