籾井発言を国会で徹底審議せよ-続報

 慰安婦問題に関するNHK籾井新会長の発言について、記者会見の書き起こしがあった。

 それを読んで愕然した。やっぱり国会で徹底的に追及せねばなるまい…朝日新聞を。

 自分たちの意図的な捏造を正当化し保身を図るための言論封殺を行っているとしか考えられない。もはや看過できない状況である。こいつらはジャーナリストですらない、ジャーナリストの皮を被ったただの反日結社であると断じざるを得ないのではないか?

 公安も資金の流れや外国勢力とのつながりにメスを入れるべきではないか?

 兎にも角にも書き起こしを読んで各自がご判断願いたい。


記者
 慰安婦問題については会長ご自身はどのようにお考えでしょうか?(慰安婦について質問)

会長
 ちょっとコメント控えてはダメですか、あのー、いわゆるね。そういうふうな戦時慰安婦ですよね。えー、戦時だからいいとか悪いとか。言うつもりは毛頭無い んですがまあこの辺の問題は皆さんよく御存じでしょう。どこの国にもあったことですよね。違います?

記者
 私に質問してるんですか?えっとーじゃあ籾井会長がそしたらじゃあ改めてもう少しお考えすることがあれば、あの、お尋ねしたいと思います。

会長
 まー、こっちから質問ですけど。韓国だけにあったことだとお思いですか?

記者
 いやいや、全て、どこの国でもって言うと全ての国という風に捉えられるんですけれども

会長
 いやいや戦争地域ってことですよ。

記者
 何か証拠があっていくつかの国でそういう場合でしょうか。いや全ての国って言うと、そのいくつかの国でそういうことがあるという風には・・・と思うんですけども

会長
 まーこの問題はこれ以上深入りするの止めたいと思います。いいですか?慰安婦そのものは言いか悪いかと言われれば今のモラルでは悪いんです。じゃあ従軍慰安婦はどうだったかと言われるとその時の現実としてあったと言う事なんですよ。私は慰安婦はいいとは言ってない。

記者
 いやあ、もちろんわかります。わかるけどもその・・・

会長
 ただし、事は二つに分けないと話はややこしいですよ。

記者
 もちろんわかってるんですけども・・・

会長
 じゃあ本当に従軍慰安婦がね、韓国だけにあって他になかったという証拠がありますか?

記者
 いやだから(笑)、他の国にもあったことと、どこの国にもあったということは結構違うと思うんですけども。

会長
 いやいやそんな言葉尻に捉えても駄目ですよ。そんなのはねーあんたじゃあ行って調べてみなさいよ。あったはずですよ。あったんですよ現実に。

記者
 (笑)どこの国?

会長
 無いと言う証拠もないでしょ?議論するつもりはないけど。やっぱそれでね~やっぱり従軍慰安婦の問題をいろいろ云々されると、ですね~やっぱりこれはちょっとおかしいんじゃないかと気がします。私別に従軍慰安婦はいいと言ってないですよー。

記者
 わかってますよ。もちろんわかってますよ。

会長
 しかしどう思われます?日本だけがやってたようなこと言われて。

記者
 いや(笑)まあようするに他の国でもあったってことはちょっとどこの国でもあったっていうのは

会長
 戦争をしてるどこの国にもあったでしょうってということですよ。じゃあドイツにありませんでしたか?フランスにありませんでしたか?そんなことないでしょう。ヨーロッパはどこだってあったでしょう。じゃあなぜオランダに今頃飾り窓があるんですか。

記者
 ・・・・・わかりました。はい(笑)

会長
 議論するつもりはありませんが、は私は何処でもあったといったのは、世界中くまなくどこにでもあったということでは言ってるんじゃなくて、戦争してるところにはだいたいそういうものは付き物だったわけですよ。という証拠があるのかと言われたけど、逆に僕はね、なかったと言う証拠はどこにあるんだと、聞きたいくらいね。
 だからねこの問題はね。僕が一番不満なのは、韓国でやってることが一番不満なのは、ここまでは言うのは会長としてはいい出すぎですから会長の職はさておき。さておきですよ、これは忘れないでくださいね。
 あのー韓国が日本だけが強制連行したみたいなこと言ってるから話がややこしいんですよ。ねー、だからお金よこせと言ってるわけですよ。補償しろと言ってるわけですよ。
 しかしそういうことは全て日韓条約で解決してるわけですよ、国際的には、解決してるんですよ。それをなぜ蒸し返されるんですかと。おかしいでしょ。と思いますよ僕は。

記者
 今んとこですけど、会長としての職はさておいてって言いますけど!ここ会長会見の場なんで!

会長
 失礼しました。じゃあ今全部取り消します。

記者
 いやいやもう取り消せないですよもうおっしゃたら!

会長
 あれだけしつこく質問されたから私は答えなきゃいかんとって答えましたが、会長としては答えられませんので会長はさておきとこう言ったわけですよ。で、それが会長会見だって、だから取り消しますとこう言ったら取り消せないとおっしゃたら、じゃあ私のさておきはどうなるんですか?そんなこと言ったらまともな会話ができないじゃないですか、あーそれノーコメントですノーコメントですって言ってたらそれで済んじゃうんじゃないですか?
 それでよろしいんでしょうか?いいんならいいんですよ今後。

記者
 あのー確認ですけれども、まーいずれにしても先ほどのお話はですね会長の個人的見解だと思うんですが。だとしてもですね。だとしても個人的見解だとするとそうしたお考えとNHKの番組に関して、そのいわゆる編集権をですね。編集の責任者という部分もあるのでNHKの番組に対してそうしたご自身のお考えを、なんらかの形でですね反映させたりしたいと、いう思いがあるのかないのかそこを明確におっしゃることは、すごく大事なんだと思うんですけども。

会長
 何度も申しておりますが、我々の放送に対する判断は全部放送法にのっとっておりますから、えー私がどういう考えであろうがなかろうが全部放送法に基づいて判断をします。ということです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2014年01月29日 18:01
これはイカン砲です。
揚げ足取りはダメと幼き頃の道徳の時間に習っただろうに・・・・
あっ!!今はないのか!
本間優太郎
2014年01月29日 19:21
 これ朝日の記者で24歳だそうです。どうすればこんな24歳が育つのか?こんな連中の上から目線で偉そうに垂れる講釈を印刷した紙をお金を出してまで買う神経が理解できません。