依頼製作で航空母艦「飛龍」を作る-その2

 「その2」です。前回はキットの説明でしたが、今回から政策に入ります。

 手順は王道として底板に錘を貼り付けます。金属の板は、模型を置いたときの安定だけでなく、模型全体の歪みを防いでくれますのでセメダイン・スーパーXでしっかり接着します。

画像


 左右の船体側面パーツを付けます。最近の傾向でしょうか、たくさんの補強材があります。

画像


画像


 どうしても艦首部分に隙間が出来るのでパテ埋めします。

画像


画像


 窓を開けていきます。0.5mmのピンバイスでひたすら窓を抜いていきます。

画像


 この模型は元々窓部分が深く刻んであるのでそのままでも良さそうですが、やはり抜いた方がよりシャープに見えます(赤線内が抜いた部分)。

画像


 これだけでは少し退屈なので艦首甲板を作っておきます。絡車部分はエッチングになるので落とします。

画像


 穴か空いたので慌てずパテ埋め。リノリウム押さえに0.2mmの真鍮線を貼っておきます。

画像


 軍艦色(2)とリノリウム色を塗って養生します。

画像


画像


 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント