堂々の党名ロンダリング宣言!

 民主党の前なんとか元外相が野党再編について述べた

「民主党中心の大きなかたまり作る」 民主・前原元代表
 民主党の前原誠司元外相は16日のフジテレビの番組で、野党再編について「経験のない人たちばかりが集まっても国民生活が不幸だ。党名はどうでもいいが、培った経験を考えると、民主党中心の大きな塊をつくるべきだ」と述べ、民主党が主導権を握る野党再編を目指す考えを示した。(時事通信、2014/11/16-13:29)


画像


 前半の「経験のない人たちばかりが集まっても国民生活が不幸だ」については仰る通り。2年半の民主党政権による素人集団が日本を危うくしたことの反省なのかとも一瞬考えたが、それは間違いだと直ぐに気付いた。

 「反省」とか「謙虚」とかいう概念を持ち合わせていればとうの昔に自決をしているはずで、自分たち以外の素人を揶揄しているのか、あるいは自分たちは素人で無いという根拠の無い自信の表れなのであろう。

 要は民主党以外の野党は素人なので、自分たちのような優秀なベテランと組むべきだと上から目線で教え諭しているのであろう。

 毎度のことながら、この根拠の無い自信が何処から沸いて出てくるのか、こんな風に世の中を見下ろせるとは実に羨ましい限りである。

 どうぞ御勝手に…で終わらないのが口先番長の口先番長たる所以である。後半の、

 「党名はどうでもいいが、培った経験を考えると、民主党中心の大きな塊をつくるべきだ」」

 「培った経験」というのが何のことか分からない。もしかしたら2年半の政権の暴走を「経験」などと称するつもりかもしれない。もちろん正気の沙汰とは思えないので得意の妄言と笑ってしまえばいいのだか、「党名はどうでもいいが」だと?

 総選挙で民主党の名前を出さないということか?つまり、民主党の名前を有権者に分からないようにしようということだが、冗談としても笑えない。

 ネットでは掲示板で民主党隠しがネタになるが、もちろん無責任な冗談である。だが、前何とか氏は政党名を変えて選挙に臨もうとテレビの電波に乗せてしまったのである。

 これを政党ロンダリングと呼ばず、何を政党ロンダリングと呼べば良いのか!?

 まっ、知ってるんだね自分たちが嫌われているということは。

 ゴキブリだって追いかけると一瞬向きを180度変えて向かってくる仕草をする。ビックリし怯んだ隙にスタコラ・サッサと逃げてしまう。自分が嫌われているのを自覚している証拠である。

 その意味では民主党もゴキブリ程度の感覚は持ち合わせている様ではあるが、それを隠さず堂々としているだけゴキブリの方が潔い。

画像

          新党名を検討中のゴキブリさん達

 民主党などと比較してしまい、ゴキブリさんには大変失礼をしてしまった。深くお詫びしたい。

 いずれにせよ、こんなことを言い出した以上、今すぐ民主党(元民主党も含め)議員の額に「民」の一字を刺青で刻み込むべきであろう。

 公平公正な選挙のため政党ロンダリングは決して許されないのである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント