1/144赤城カットモデルを作る-その65

 「その65」です。連休中に少しでも前に進みたいのですが、中々そうも行きません。

 前回までは蒸気タービン室側の各階の工作を続けてきましたが、艦載機格納庫の直下まで出来たので、ボイラー室側の作業に移ります。

 その前に艦底部からギミック用のコードを取り入れる孔を空けておきます。この段階で空けておかないと先に延ばせばせっかく作った小物を壊してしまう危険があります。

画像


画像


 さてボイラー側には煙突につながるボイラーの排気ダクトと外気取り入れダクトがあるだけですが、今ひとつ構造がハッキリしません。妄想を広げて工作をします。

 艦本式ボイラーのバルブ類と整備用の足場は資料があったので付けておきます。

画像


 排気ダクトの支えも資料で少し見えていたので付けておきます。

画像


 取り入れた外気の噴出し口です。外気取り入れダクトは4本なのでそれぞれ噴出し口があるとして4つ作りました。形状等は全て妄想の産物です。

画像


 ボイラー室の上には送風機室があり外気取り入れダクトにつながっていたようです。外気取り入れダクトの上に伸びる部分は未だ付けていません。

画像


画像


 今回の作業箇所の点検です。

画像


画像


画像


 排気ダクトや外気取り入れダクトの大体の位置は資料で分かりますが、形状等は不明で調べる必要があります。分からなければ妄想で作るしかありません。

 今日はココまで。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

大和魂
2015年05月09日 15:44
ん~??・・ほんまでっか~・・。
本間優太郎
2015年05月09日 15:50
 大まかな設備などの位置関係以外は全て妄想です。