1/144赤城カットモデルを作る-その79

 「その79」です。プラ材での煙突製作が続きます。1/700赤城の煙突を参考にしながら、水戸のご老公からの図面や1/350赤城の彩色図も横目で睨んで形にします。

 土台になる形が出来たので、パテを盛ってヤスリで削って成型します。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


 製作中の船体に乗せてみます。

画像


画像


 今日はココまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

トコトンおじさん
2015年06月08日 11:23
沢山モザイクタイルが付いていた状態の時はどうなるかと心配してましたが・・・・なんともなめらかな仕上がり。すごい!!
ビフォー・・アフターを並べるとさらに感激するかも!
1/700の煙突すごく小さく見えるぞ~これで全体をフルスクラッチしたら、部屋に入るのかな~?
本間優太郎
2015年06月08日 12:49
ベースの曲面を作ってしまえばパテとヤスリ掛けで何とかなってしまいます。そのベースをどうやって作るかをしばらく悩んでいました。
1/144は筑波海軍航空隊記念艦にウイングクラブのものがありますが、とても家庭用ではありません。カットモデルにして一部分がけにするしかありませんでした。