「いずも」を作る~おまけ16

 おまけ記事の16は、オスプレイの回転翼の電動化です。

 3号のオスプレイを見ていると、やはり回してみたくなります。ですが問題はモーターの仕込みです。

O001.jpg

 Amazonで入手可能な一番小さなモーター(振動用の錘がカシメていないもの)でもエンジン部分に入らないのです。プラパーツの壁の厚さがあるので入りません。

 そこで試してみたのが、「型思い」という型取りの素材を使う方法です。エンジン部分を型思いに埋め込みます。

O002.jpg

 出来上がった型枠にエポキシパテとモーターを入れて硬化させます。

O003.jpg

 硬化後に取り出して成形します。

O004.jpg

 後はリード線を車輪、本体、主翼を通してモーターにつなぎます。

 O005.jpg

 車輪からはスズメッキ線を出してここに電源を繋ぎます。

 O006.jpg

 成形したエンジン部分には似た色を塗装します。

O007.jpg

 後は組み立てます。

O009.jpg

 回転翼のダボ穴の内径を調整しておきます。

 O010.jpg

 細かい塗装は残っていますが、取り合えず動かせる状態になりました。

O011.jpg

 スズメッキ線に電源を繋ぎます。

O012.jpg

 いきなり翼が回り出すこともあるので、ブレッブボードにスズメッキ線を刺して使うのが安全です。

O013.jpg

 結果はこちらの動画をご覧ください。



 試してみたい方は、くれぐれも自己責任でお願いします。最近、ようやく品薄の3号が出回っていますから、先に保険を掛けて(=3号をもう一個買う)からスタートするのが無難かもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント