つい、やっちゃった…のかな?

 ボストンマラソンのゴールでの爆弾テロだが未だ犯人や組織は捜査中とのこと。

 アルカイダが早々に自分たちではないと声明を出したらしいが、これは信用できると思う。不幸にしてテロとしては成功したわけだから、ウソをつく必要は無い。

 さて、そうなると怪しいのは盛んに無慈悲砲を撃ち続けている三代目の国しかない訳だが、瀬戸際外交というものは瀬戸際を超えてしまったら破滅への道一直線であり、そこまで愚かとは思えない。

 しかし、しかしである。中央はそうでも出先はどうなのか?中央の情報や思惑が必ずしも正確に出先に伝わらないのは我が国でもそうだが、かの国が例外とは思えない。

 あれだけ毎日攻撃準備を整えただの、火の海にするぞだの流していれば、敵国内にいるスリーパーや草が、「いっちょやったるか!」と本気になったとしても不思議ではない。

 もしかするとスリーパー達への暗号を無意識に報道で言ってしまった可能性は無いか?

 いずれにせよ、本国の勢いに乗せられて出先が、ついやっちゃったのかもしれないと考えてしまうのである。

 米国は地の果てまでも追いつめて法の裁きを受けさせると宣言している。真相が分かる日はくるのであろうか。

"つい、やっちゃった…のかな?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント