韓国面<`皿´>に堕ちたフランス

 フランスの国際漫画祭でバ韓国があろうことか慰安婦(連中が称するところの「従軍慰安婦」だが、実際は「追軍売春婦」)に関して根も葉もない展示を行い、それを見たおフランス人がバ韓国の主張を鵜呑みにして日本人への嫌悪感を示したという。

韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも
 フランス南西部アングレームで30日に始まった「アングレーム国際漫画祭」で、韓国政府が実施している従軍慰安婦をテーマとする企画展に約600人が訪れ、韓国側の主張に沿った展示内容をすっかり信じ込むケースも目立った。
 会場には、旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり乱暴したりするといった内容の十数作品が展示された。入り口の説明文には、日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もある。
 見学者のイザベル・プティさん(48)は「ひどい。娘にも見せる。日本はなぜ認めないのか」と涙を流し、ベルギー人のジャンジャック・ハロタンさん(55)は「こんな事実を初めて知った。日本が認めないのは残念」と話した。
 日本大使館は、政府による取り組みや立場を説明する文書をプレスセンターで配布した。


画像


http://sankei.jp.msn.com/world/news/140131/erp14013110270002-n1.htm

 敢えて言う!

「お前らおフランス人はバカだろう?お前らが植民地で暴力に略奪を現地の人々に行ったのを1/100万でも思い出し反省しろ!」

 …と、元々日本人などサルだと見下しているレイシストのおフランス人に言っても仕方が無いのであり、そこを追求するのがこの記事の目的ではない。

 実はこの記事には何故か書かれていないのであるが、日本側も漫然とバ韓国の悪巧みを見過ごしていたわけではない。カウンタープロジェクトとしてバ韓国の展示に反論する準備を同会場でしていたのである…がっ!それをフランス側の主催者が暴力的に排除していたのである。

 詳しい経緯は同プロジェクトの関係者が動画をアップしている。



 バ韓国と韓国面に堕ちたおフランスは日本側の反論を言論ではなく暴力で封じたのである。これは即ち、バ韓国の主張内容が日本の主張内容に適わないことを自ら認めたに他ならない。

 我が国としては、言論の戦いに暴力を持ち込んだということを広く世界に主張すべきであり、そのことを持って日本の主意内容が真実であることをアピールすべきなのである。

 同様に、竹島の領有権に関して安倍首相は国会でハーグの国際司法裁判所(ICJ)に対して単独提訴を検討中と答弁し、バ韓国は即座に外相が抗議した。

 これも出るところに出ては勝ち目が無いと自らが認めたようなものである。尖閣についても支那がICJに提訴するなら受けて立つと表明しているにもかかわらず未だにその気配は無い。

 慰安婦問題、竹島・尖閣と国際社会にこそこそと姑息な告げ口を繰り返しアピールしているくせに、表に出てこいと言うと逃げ回る。

 その点を厳しく追求し国際世論の鉄槌を下すよう日本国政府は堂々と戦いを進めるべきである!

"韓国面&lt;`皿´&gt;に堕ちたフランス" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント