政治とカスゴミ

 痩せても枯れても我が国は法治国家である。憲法により表現の自由が保証されている近代国家である。

 カスゴミが二言目には表現の自由を守れ、と騒ぐが根拠のないことではない。だが、自由にはなからず責任が伴う。ちょっとした発言の揚げ足取りによりカスゴミに徹底的に糾弾されることがある。

 先日のNHK籾井新会長は就任会見でカスゴミの執拗な誘導尋問に引っかかって国会に一度ならずも二度も呼びつけられて陳謝させられた。

 執拗に食い下がる記者に対して個人の意見と何度も断った上で自らの個人的見解と確認した上で述べたことにも拘わらずである。

 表現の自由も内心の自由もカスゴミの意に沿わない内容については認めないということのようである。

 しかし記者会見から国会での追及に至るプロセスがあまりに出来すぎていると思っていたら、案の定こんな事実が出てきた。

画像


 内容はご覧の通り、民主党の国会議員小西ひろゆきの下へ複数のNHK職員(記者、番組制作)が新会長を何とかしろと持ち掛けてきたので、国会議員として全力を尽くすとバカッターで公開したのである。

 政治的圧力をかけろというカスゴミの職員も職員だが、それを受けて全力を尽くす(=圧力を架ける)とバカッターで公開するほうも公開するほうで、要は全く自分のしたことに対して罪悪感の欠片もないということのようである。

 この小西ひろゆきは国会の場で事実確認の上でキッチリと落とし前をつけさせるべきではないか?

 以前、安倍氏と中川氏がNHKの番組に事前に意見を言ったのが政治的圧力と徹底的にキャンペーンを張ってカスゴミが叩き続けたことを忘れはしない。このケースでは国会で審議されるNHKの予算の事前説明だったというオチであったが、この程度のことを政治的圧力と騒いだカスゴミが今回のケースでは全くだんまり、つまり「報道しない自由」を行使しているのである。

 明らかにカスゴミの姿勢は公正中立ではないのである。そして、その活動において我が国は諸外国からいわゆる慰安婦(=追群売春婦)問題で人権蹂躙国家の烙印を押されかけ、さらに在外邦人がいわれなきは名誉棄損を受けているのである。

 にも拘わらず、個人の意見を述べただけで国会で証人としてつるし上げられる一方で、これほどの事態を我が国に貶めた朝日新聞がのうのうとしている。民主党が報道機関の長を呼びつけたことには目を瞑る一方で、もしも自民党が朝日新聞を呼びつけたら、徹底的にカスゴミがネガキャンを張るのは明らかであろう。

 変じゃないか?

 要は自民党が権力を抑制的に、バカが付くほどに抑制しているのである。それに対して3年3か月間権力を振りかざし好き放題にやってきたミンスは凝りもせずにたったこれだけのことで、憲法に守られているはずの報道機関の長を国会でつるし上げたのである。

 全くやりきれないのであるが、現在、河野洋平(紅(赤)の傭兵)と朝日新聞を国会に招致するための署名活動が開始された。

 この署名活動で相当数が集まれば、それは国家権力の横暴ではなくカスゴミに対する日本国民の民意に基づく対応ということになる。

 日本国民がバカが付くほど御人好しで人を疑うということのない善人なのをいいことにカスゴミに舐められ続けてきた。しかし、いつまでも国民が黙っていると思わない方がいい。

 むしろこれまでの悪行三昧に堪忍袋の緒が切れかけていることを、そろそろ認識した方がいいだろう。

 カスゴミよ、首を洗って待っていろ!

"政治とカスゴミ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント